youngas blog

youngas.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 08日

XX KLUV3

ゲイ春!ゲイが春売ってるみたいになるね、カタカナにすると!

ご無沙汰しておりました!「終わっちゃったの?」とか「早く再開して!」の声がまったくなかったチョメクラ3が気まぐれかつオレンジロードに復活!

新年一発目はこの娘しかいない!

ではご覧ください!

XX KLUV(チョメチョメクラブ)3とはyoungasのゾンビ映画はスカッとするとか怖いとかそんなんじゃなくて早く本当にこうならねーかなぁと完全に現実逃避で見てるほうshinodaが憧れのあの娘と全力で妄想恋愛をしてみるキモカワユスなコーナーです。

第17回〈橋本愛〉

いい天気だ。いや、むしろ天気だけがいい。

青空がどこまでも広がっている。雲がゆっくりと流されていく。

高校の屋上。今日も授業をサボってここに寝転がっている。

でもどうだ。俺なんかいなくても授業はどんどん進んでいくし、誰一人探してくれる人もいない。家に帰れば親父が死んでから母親はアル中で絡んでくるばっかりだし、兄貴は引きこもって夜毎ブツブツとつぶやきながら壁をガンガン叩いてくるし、家の中は荒れ放題だ。誰も俺なんか必要としてない。だからこうやって高校側からやめてくれと言われるまで俺はこうして一人の時間を生きていく。いつか高校をやめたら、俺はどっかどうでもいい所に働きに出るのだ。そして慎ましく何にも期待せずに、誰にも知られずに生きて行くのだ。クズみたいな人生だ。でも神様は俺を殺さない。どこまでも不公平だ、神様ってヤツは。

ガチャ。

屋上の扉が開く音。

さすがに飛び起きて端っこに隠れる。

誰だ?

あの娘。あ。橋本さんだ。

クラスが一年の時一緒だったな。俺と同じで橋本さんもいつも一人だった。いつも窓際で本を読んでた。美人過ぎて、絵になり過ぎた橋本さんは一部の女子に妬まれて、いじめられているらしいと噂で聞いたことがあった。

一度右手を包帯でぐるぐる巻きにして登校してきたことがあった。先生に聞かれて「帰り道に転んでしまいました」と答えたら、「気をつけなさいね」と先生は笑ったけど、俺はその後すぐに目を伏せた橋本さんの表情を見て絶対誰かにやられたんだと悟ったんだ。

でもそれも聞けないまま、クラス替えで橋本さんとは会わなくなってしまった。たまに橋本さんが気になって彼女のクラスの前をわざと通り過ぎたりした時、彼女は一年の時と同じで窓際で本を読んでた。

その橋本さんが屋上に何の用だろう?

授業の時間真っ最中だから抜け出してきたのかな?

屋上の金網の前に腰を下ろしてしばらく遠くを眺めていたけど、橋本さんはその後カバンから本を取り出して読み出した。

読書しにきたのか。

こんなチャンスはもうないかもしれない。どうせやめるけど、この高校にいたっていう唯一の思い出にしようと思って、俺は橋本さんに話しかけてみることにした。

「橋本さん」
「え!あ、はい」

急に話しかけたから橋本さんはすごく戸惑ってるみたいだった。

「あ、俺、覚えてますか?」
「あ、うん。同じクラスだったよね?一年の時」
「あーよかった」
「何で?」
「覚えてないんじゃないかなと思ってたから」
「そんなことないよ。ふふ」
橋本さんが笑った。初めて見た笑顔だった。
「いつも本読んでるよね?」
「あ、うん」
「ドストエフスキーとか芥川とか?」
「え?」
「いや、橋本さんいかにも文学少女だから、そういうの読んでそうだなって」
「ごめん。ドスト何?芥川って自殺した人だっけ?」
「知らないの?ていうか、じゃあ、何読んでるの?宮部みゆきとか東野圭吾とか?」
「あーごめんわかんない!今読んでるのはこれ!」

ブックカバーを外して出てきたのはとりいかずよしの「トイレット博士」だった。

「漫画!漫画だったの!?」
「漫画だよ!漫画しか読まないよ、私。ふふふ」

驚きだ。その後、橋本さんは好きな漫画の話をマシンガンのように話してくれた。一番好きなのは「天才バカボン」で一年の時窓際で読んでいたのは「がきデカ」と「つるピカハゲ丸」だったらしい。

「橋本さんてこんなに面白くってこんなにしゃべる人だったんだね」
「まぁね。クラスではちょっとすましてるけどね。ふふ」
「あ、でもいじめられてたでしょ?」
勢いでそう聞いたら橋本さんが黙った。やべー、余計なことを、と思った次の瞬間、橋本さんが笑い出した。

「あははは。いじめ?私が?ふふ。何で?そう見えた?」
「友達いなかったし、そうかなぁって」
「まさか!私高校の娘たち何か合わないんだ。だから作らないって決めたの。地元に帰れば友達いるから」
「あ、でも、包帯!そう!包帯!巻いて来てたよね?」
「ヤダ!よく覚えてるね〜。あれ本当はスケボーやってたんだあの時。スパイクジョーンズカッコいいとか思っちゃって!でもすぐやめたけどね。続かないんだ、私。ダメだよね〜」

想像と違った。想像してたのはこんな橋本さんじゃなかった。何だか少しガッカリもあって、その後少し話して俺たちは別れた。

俺は高校をやめないで結局卒業し、アル中の母親と引きこもりの兄貴の面倒を見ながら、工事現場で働いていた。ある日、行った現場の近くの弁当屋さんで橋本さんと再会した。

「あ!久しぶりじゃん!」
「橋本さん、バイト?」
「うん、まぁね。一応女子大生だけどね。あ、今日何時に終わるの?」
「え?一応、五時の予定だけど」
「え!私も五時までなんだ!飲みに行こうよ!」
「え?いや、あの…」
「あ、じゃあ、終わったらここ来て!」
「え、でも、あの…」
「いらっしゃいませー!しょうが焼弁当ですね!」

断る理由もないかと思って、急いで現場を終わらせて、橋本さんと駅前の小さな焼き鳥屋に入った。

「カンパーイ!」
「あ、どうも」
「暗いなぁ!どしたの?悩んでるな!青年!私で良ければ話してよ!」
「実は…いや、いいよ!暗くなるし」
「気にしなくていいから!私が受け止めるから!」
「いや、無理だよ。絶対」
「何で?」
「橋本さんにはキツいと思うから、こんな話」
「決めつけないでよ!わかった!私の話からしよう!」
「え?」
「私が話したら話してよね」
「うん、わかった」
「私さ。いじめられてたんだ、本当は!」
「え?でもあの時…」
「あの時は暗くなるかなと思って強がったの。今は時効だからね!はは」
「ははって…」
「かなりヘビーだったんだ。だからギャグ漫画に救ってもらったの」
「トイレット博士…」
「そう!あと、バカボンとかね。あの包帯も酷いことされてさ、今も消えないんだ、痣が」
「…」
「おまけに好きだった先生にフラれるし、唯一クラスで優しくしてくれた男子にはレイプされそうになるしさ。ほーんと最悪だったの。だからギャグ漫画読んであの日死のうと思ってたんだ本当は」
「え!」
「でも君が来てくれた。だからやめたの。命の恩人なんだよ、君は。ふふ」
「…」
「友達も地元にもいなかったの。私転校ばっかりしてたから。両親は小さい時に離婚してるし、母親に引き取られたんだけどね。その母親も一昨年事故で亡くなっちゃってさ。何で私ばっかりこんな目に合うんだろうって思ってたらさ、ん、ごめん!」
そこまで言ったら橋本さんの目から涙が溢れた。俺も聞きながらもらい泣きしてた。
「ごめんね、なんか。で、君は!?何があったの?」

言えるはずなかった。

その日は結局朝まで飲んで朝方カラオケまでして翌朝の仕事に遅刻した。

橋本さんとはそれからちょくちょく会うようになった。

俺は橋本さんが好きだ。

だけど今日も言えそうにないな。そう思って飲んだ居酒屋。

「ていうかさ、告白してよ!」
「え?」
「もうそれまで私に言わせんの?」
「あ、いや、あの…」
次の瞬間、橋本さんが俺にキスして、周りからなぜか拍手が起こった。

※この小説に関するお問い合わせ、質問、意見などは一切受け付けておりません。
また、女性ってこういうもんが溢れ過ぎててちょっと引いたとかいうリアルな苦情などはお断りします。



f0182863_09371.jpg
[PR]

by youngas | 2013-01-08 23:48 | XX KLUV3
2013年 01月 01日

俺アワード2012 - sogawa-

一年のベストを各部門別に勝手に発表する毎年恒例の俺アワード!!

ちなみに今年曽川が見聞き読みしたものなので、リリースや発表が2012年じゃないものもありますので悪しからず!!

思えば今年は大変濃い1年間だったように思います。海外に1カ月住んで仕事をするという今後の人生に大きな影響を与える出来事に恵まれたり、『ぐるぐる回る2012』や『FACE to FES.』『大気圏内』『IMAZE NIGHT』などの音楽イベントで絵を描かせてもらったり。長年欲しかった革靴や財布も買えたし、仕事でも転勤を機に良い流れを掴めています。愛猫のアルも怪我や病気などなく健康。

ジンを作ったりイベントをオーガナイズしたりは出来なかったので、2013年はマイペースでその辺を実現したいと思いますので何かの際にはお力添え下さいませ。


〈映画部門〉

01位:『サニー 永遠の仲間たち』

f0182863_12292377.jpg



02位:『アタック・ザ・ブロック』
03位:『ソーローなんてくだらない』
04位:『Drive』
05位:『アジョシ』
06位:『アイドル・イズ・デッド』
07位:『孤島の王』
08位:『冬の小鳥』
09位:『かぞくのくに』
10位:『監督失格』


f0182863_1317409.jpg



邦画4作、韓国映画3作、洋画3作。やっぱ韓国映画の面白さに舌を巻いた2012。邦画とはいえ9位の「かぞくのくに」にはヤンイクチュンが主演してるし。ほかにも「チェイサー」や「哀しき獣」まだ観てないけど「高地戦」なんかもあるしで韓国勢おそるべし!!!そして1位も韓国の【SUNNY】なんか理屈抜きに楽しめて、喜怒哀楽の全部のツボを押されたわ~って未だに思える作品。ほんと「少年ジャンプ」みたいだし「高校サッカー敗戦後のロッカールーム」みたいな名画。みんなで観て元気になろう!!!

2位の【アタック・ザ・ブロック】はB級映画ながら、なんかオシャレで気にかかる作品。低予算らしく非CGなクリーチャー表現も自分的にはグッド。ただもう少し毛の質感に気を遣えなかったか?と思う。キューティクル0過ぎてギシギシの極みが終始気になりました。もはや10代の男の子がBMXを立ち漕ぎした段階で加点がハンパない俺なので、このチャートもあてにならないです。
【ソーロー~】主人公の新人バイトを指導する際のイキり方に爆笑!【Drive】のライアンゴズリングはスベらないカッコよさ!!食後の爪楊枝はいまだに真似してます!【アジョシ】【冬の小鳥】のキム・セロンちゃんなんてもはや大女優。自らを土葬しようとするあの静かなシーンは忘れられません(冬の小鳥)。どちらもキムセロン出演じゃなかったらチャート入りが怪しいほどの存在感。
BiSちゃんの6位【アイドル・イズ・デッド】もしっかり1時間楽しめた。3人が映画にチャレンジしている段階で親心加点だし、アルバムに付けてくれてホント良かった。7位【孤島の王】はチャートインするような映画じゃないかもしれないけど本当に良い作品だと思う。負け戦と分かっている絶望感や若さゆえの暴発、その後の虚無感などなど映画を見慣れている人に是非見てほしい。9位【かぞくのくに】安藤さくら&ヤンイクチュンという考えられないキャスティングに悶絶しました。人として現代に産まれても、従わなければいけない大きな政治の力。これに絶望すらできず生きていく事しか選択肢が無い苦痛が痛いほどキチンと、かつ無表情に描かれている気がします。10位【監督失格】衝撃のあのシーンを映画としてパッケージしたインパクト。
たぶん130作品ぐらい観たと思います。2013も沢山観たいっす。




〈音楽部門〉


01位: Cloud Nothings / Attack On Memory

f0182863_20393424.jpg



02位: Literature / Arab Spring
03位: Kendrick Lamar / good kid, m.A.A.d city
04位: younGSounds / more than TV
05位: 透明雑誌 / 僕たちのソウルミュージック
06位: 田我流 / B級映画のように2
07位: OMSB / Mr. "All Bad" Jordan
08位: BiS / IDOL is DEAD
09位: GAPPER & 5LACK / 我破


f0182863_20404442.jpg


殿堂 : 5LACK / 情

f0182863_2058823.jpg



前のも、その前のアルバムも大大大好きなアメリカはオハイオ州のバンド【Cloud Nothings】の新作が2012年ぶっちぎりの第1位!!!!凄いおじさんスティーブ・アルビニ(詳しくはググッてね)を迎えて作られた今作は、前作までのおちゃらけファストなロウファイサウンドからガラッと一新、まるでフガジ+ピクシーズとでも言わせるかのようなゴリゴリ硬派かつ美メロでエモい最高の鎧を装備しちゃいました。本当に奇跡的なアルバム。一生聴くし、死ぬまで手放さない1枚。
2位もアメリカから【Literature】完全に無名だし、プロモーションもたぶん皆無。なのにここまで素晴らしいギタポ、パワポのアルバムはSpearmintのA Week Awayぐらいじゃないか?って唸るほどの出来。本当に捨て曲皆無で、コスパも最高レベルの一皿。いまとなってはこの界隈に欠かすことのできないペインズ(The Pains Of Being Pure At Heart)のメンバーが絶賛してるそうですが、そんな彼らの良作を軽く(いや本当に)凌ぐクオリティー。バズコックスやレジロスなんかが好きな人のハートも打ち抜くはず!!!
3位【Kendrick Lamar 】と7位【OMSB 】は自分の中におけるヒップホップのインパクトを更新した強烈な2枚。ケンドリックは1位でも良いかな?と思ってたし、OMSBは白黒ジャケの感じが「俺ら世代のマイジェネレーション」ことアークティックモンキーズの1stを彷彿とさせるとこもあるので、パンク的な捉え方で聴いてました。 4位【younGSounds】は珍しく発売前日にCD屋に駆け込んでパッケージをフラゲした熱い1枚。しかも「ヤングサウンズのテーマ」という曲は『ヤンガスさん!!ヤンガスさん!!』を連呼してるように聴こえる俺得アンセム。ディスクから汗がほとばしるような血走った高熱作品。 5位【透明雑誌】ナンバガ臭がハンパなかったのでずっと敬遠してたけど、軽い気持ちで聴いてみたら一瞬で頭の先までズブズブはまっちゃった優良アルバム。時期はずれなハマりかたをしたので誰とも話が合わない今年でした。ツアーTを絵描きのストマックエイクが手掛けてるのも妬ける~。
6位【田我流】日本語ラップを使った音楽で現在最高到達点は彼じゃないかと思っています。8位9位は毎年好きなんでアレなんでアレです。
そして悩んだ挙句【殿堂】とさせてもらった5LACKの情。フリーDLやミックステープ文化で新しい音楽の楽しみ方を提案してくる彼ら世代、彼ら界隈。部屋で作って部屋から発信、最短距離で作り手と聴き手が金を介さず繋がる、健全ながら日銭商売にはならない形。ここまでニーズがある人がやるって事に大きすぎる意味がある。しかも今はDLできませんので『昔ネット上にはあった名作で、PCに入ってる人は楽しめる』という物。なので伝説の場外ホームラン的な作品と捉えたいと思います。
いま伝える事を自分の武器をもってして最速で提案している。既存の形を壊している紛れもない新世代パンクアプローチ。




〈マンガ部門〉


01位: たのしい人生 / 本秀康
02位: シティライツ 3巻 / 大橋裕之
03位: 淀川ハートブレイカーズ / 須田信太郎+キングジョー
04位: 部屋へ! / タナカカツキ
05位: 夏の手 / 大橋裕之
06位: 僕らのフンカ祭 / 真造圭伍
07位: まんが道(決定版) / 藤子不二雄A
08位: Ebony and Irony / 長崎訓子
09位: にこたま 4巻/ 渡辺ペコ


殿堂 : オレの宇宙はまだまだ遠い、すーちゃんの恋 / 益田ミリ


f0182863_1244946.jpg



チャート以前に【バクマン】と【PUNK】が終わった事と古谷実の【サルチネス】が始まった事。これは結構大きいなぁと思います。あと【式の前日】【IPPO】もかなり楽しめました。2013年はこういう線の細い作品を読みたくなりそうです。
チャートですがyoungas的には【シティライツ】を1位にしたかった。だって二人揃って2年連続で1位になるものなんて今後もないだろうから。でも、この神の領域に達してるシティライツを鼻差で差したのが【たのしい人生】でした。かわいい絵とタイトル、ポップすぎる色使いともはや巨匠と呼ばせて頂きたい大原大次郎さんによる装丁&タイポグラフィ、なのに内容はクソ下品でグロい、でもたまにハートフルというまさに白昼夢といいましょうか紙世界のメンヘラといいましょうか。とにかく毒キノコを食べて中毒になったような1冊。触るな危険!!! 
3位【淀川ハートブレイカーズ 】4位【部屋へ!】は本当に本として愛着が湧きまくった。篠田さんも書いてましたが手触りも色も表紙も内容も、どこをとっても最上のマンガ。一生本棚の一等地に鎮座させるであろう本たちです。5位はシティライツも描いてる大橋裕之さんの新作【夏の手】。弱虫たちのスタンドバイミー・SF編とでも言いたくなる感動長編ドラマ。6位【僕らのフンカ祭】高校時代の友達に電話したくなった。7位【まんが道(決定版)】youngasのバイブル決定版が決定版で再発。読まなくても買わなきゃいけない作品。絵描きさんとして大ファンな長崎訓子さんの【Ebony and Irony 】を8位に。描きまっくったからこそ到達する痺れる線をひく方です。9位も殿堂みたいなもんで渡辺ペコ作品。渡辺ペコと益田ミリは白紙の本でもチャートインさせちゃいますからね。もう意味ないっすw



〈その他〉

まずなんといっても【しずくちゃん】が可愛すぎて死にました。グリーンダカラのCM以外にもYOUTUBEで何度も何度も動画を観漁った。いやぁ奇跡ですよね、あの天使。あとドラマ版【ボーイズ・オン・ザ・ラン】がとっても面白かったのと、金曜日23時に放送している【テラスハウス】というクソくだらない番組がクソ面白いです。

2013年もyoungasを宜しくどうぞ!!



youngas sogawa
[PR]

by youngas | 2013-01-01 13:52 | 俺アワード