youngas blog

youngas.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 30日

ダイノジ大谷の「不良芸人日記」より

ダイノジ大谷の「不良芸人日記」




10月30日めちゃイケ生放送に出ます

明日はフジテレビでゴールデンの番組に出演します。

生放送です。

ゴールデンの生?

あっ

ドンズべりしたM-1の2002の決勝以来じゃない。

あれから転落したもんなぁ。


何も期待してません。

何も気負ってもありません。

ちゃんと番組の笑いの一部になれたら本望です。

そうなれるように準備はしております。

今年の夏はフジテレビ、

めちゃイケのスタッフ、

飛鳥さん、

いろんな方々にダイノジの見せ方を教わりました。

尊敬する放送作家の石原健二さん、鈴木おさむさん、盟友の大井洋一。

唯一のレギュラー、JFNダイノジのスクールナインのスタッフ。

ここまで来るきっかけを与えてくれた(本当そう)

「オモバカ」のスタッフ

一緒にトライアウトを戦った芸人のみんな

本編でいろんな勉強させてくれた皆さん

劇場のスタッフ

吉本の社員

劇場にいる仲間の芸人


街を歩いてたら声をかけてくれるかた

客が30人になってもずっと来てくれたお客さん

ジャイアンナイトのスタッフ、お客さん

家族に相方

皆さんありがとう。

明日は一番楽しんできます。

駄目ならまた大地さんとやり直します。

何回でも何度でも。

だってずっとやり直してきたんだもん。

もう余裕。

明日は俺らの出番だと毎日思いながら芸人人生生きていきます。

みんなやめないで欲しいなぁ。

なんでも。

君もあいつも。

”まいった”とだけは言わないぜ。

誰もが俺らの負けだと言っても、自分から負けは認めない。

はいずくばってボケるのだ。

そんな思いをもってやろう。

さて、明日だ。

いい笑いになるといいなぁ。

大地さんに神よ降りてこい!!


2010年10月29日20:41:17 | ダイノジ 大谷
[PR]

by youngas | 2010-10-30 22:48
2010年 10月 30日

【別冊 youngazine vol.1 music issue】

f0182863_0101247.jpg  【別冊 youngazine vol.1 music issue】

2回の休日でババッと製本までやりました、ヤンガジンの別冊1号です。製本と言うにはあまりに簡単なんですが…完成度にはさほどこだわらず今回は熱が冷めないうちに、熱量に重きを置いて作りたかったのでコンビニとキンコーズと自宅のPCのみで作ってみました。画材もきわめて安いコピー用紙とコンビニでも購入できる黒ペン、雑貨店で買ったカラーのホッチキスの芯と世界堂で買った安いカラー用紙(B5)のみです。 コピー用紙にペンで好きなバンドを描く→B5を半分に折ったサイズにはまるように拡大・縮小コピー→数字のシールでページをつけ本の形になるようレイアウト→キンコーズに持って行ってセルフ両面コピー→持ってかえってカット&ホッチキス留め。これで今回は50部ほど作りました。

今回描いたバンドは
clap your hands say yeah . THE PAINS OF BEING PURE AT HEART . Bill Evans . GREENDAY . asobi seksu . VIVIAN GIRLS . FUGAZI . BLACK LIPS . THE WHITEST BOY ALIVE . Ben Folds . BE YOUR OWN PET . WAVVES

これにシノダのベリーショートコラムが2本掲載です。

次号は未定ですがヤンガス2人ともボソボソ言ってるツイッター関連で考えています。毎日すごいスピードで消えていくタイムラインから、なんか引っかかった言葉を絵にしてみようかなーなんて思っています。

ちなみに本日タワーレコード新宿店の最上階に【別冊 youngazine vol.1 music issue】を万引きならぬ万足ししてきました。スタッフの方に処分されないように願うしかありません。明日もどこかに万足ししに行きます。どんな人が持っていくか見とこうかな。

youngas sogawa
[PR]

by youngas | 2010-10-30 00:35
2010年 10月 04日

twitter

twitter俺もようやく始めましたよ。

名前はerektass(エレクタス)です。フォロ-ミー。

つぶやくよー

YOUNGAS シノダ
[PR]

by youngas | 2010-10-04 14:04
2010年 10月 01日

やがちゃんのXX KLUV(チョメチョメクラブ)2010 秋の特別編

やがちゃんのXX KLUV2010 秋の特別編とはYOUNGASの今年のキングオブコントのエレキコミックのすべりぶりに心から拍手を送っているほう・シノダが完全妄想で理想の逢い引きをしてみるコーナーを約1年ぶりに唐突に復活させてみただけの気まぐれな全3回のスペシャル企画です。


特別編〈AKB48〉


第3回


「ごめんね!暇ならまた遊ぼーね!」
完全に風邪を引いて自分の部屋に横たわりながら由紀からのメールを眺めているとくわえていた体温計が鳴った。38.1度。見なければ良かった。
「おかげさんで風邪です」と由紀に皮肉めいたメールを返すとベッドの外に携帯と体温計を投げ捨てた。


数時間後。
携帯がメールの着信を知らせている。ベッドから腕を出し必死になりながら携帯をつかむ。
ようやく手にして携帯を開く。
板野からだった。
「ご飯食べれそう?今日お家行ってあげるからおとなしくしてなよね。近くにスーパーとかあるっけ?」
「イトーヨーカドーが…」
それだけ返信して再び力尽きた。


もう夕方だった。部屋のインターホンが鳴る。
だるすぎる体でドアを開ける。
「板野早かったな…」
立っていたのは優子ちゃんだった。
「優子ちゃん…どうしてここが…?」
「いや、あの、迷惑ですよね?」
「そんなことないよ…」
「お邪魔します!」
優子ちゃんは積極的に上がって来てキッチンに大きな袋を置いた。
「料理します!寝ててください!」
「いや、あの…」
ピンポーン!!
ヤバい!!
扉が開く。
「大丈夫?」
陽菜だ。
優子ちゃんと目が合う。
不思議そうに会釈し合う二人。
「ゴホッ…あの、妹の陽菜です。あの、彼女は会社の受付の大島さん…」


20分後。
「手際良いですね。大島さん」
「いや、陽菜さんこそ」
キッチンがにぎやかだ。

しかしまずい。板野には今日は来なくていいからとメールしたけど返信が無い…。


ピンポーン!!
「風邪大丈夫?」
才加さんと由紀が立っている。
「あ!才加さん!!由紀さん!!」
「陽菜ちゃん!!」

20分後。
「会社の方なんですか?大島さん」
「そうです…」
「私元カノの柏木です。あれは姉の才加です」

「陽菜ちゃん、これ洗った?」
「まだですけど」
「もう!これ洗わなきゃ!」
「さすが才加さん!」

何だかすごいにぎやかになってきた。まずい。熱が上がってきた気すらする。


ピンポーン!!
「ちょっと!」
扉が開くと前田と高橋が立っている。
「友美!ほら!早く!」
板野が暗い顔で後ろから顔を出す。
「今日来なくていいなんてひどくない?」
高橋が威勢良く切り出して部屋に入るとキッチンのメンバー全員と目が合って固まった。前田と板野も異変に気づき中に入ってきてキッチンを覗き込む。
「え?てか、何コレ?」
板野がぼそっとつぶやいた。



1時間後。
「これマジおいしそうなんだけど」
「うん!おいしい!」
陽菜と高橋が嬉しそうにつまみ食いをしている。自慢気な顔の才加さん。
「でしょ!やっぱり隠し味いるでしょ!」
「大島さん天才!」
板野と優子ちゃんがなぜか意気投合している。ちょっと怖い。
「違うんだって!そうじゃなくて!あぁマイ包丁持ってくるんだった!」
由紀がイライラして前田を叱りつけている。
「じゃあ自分でやればいいじゃん!由紀!」
もう呼び捨てなんだ。



その夜はなぜかワイワイと過ぎて女達は食べるだけ食べて満足そうに帰って行った。俺もすっかり風邪を忘れていたがいつのまにかぐったり眠っていたのだった。



翌朝。

目を開けるとベランダの花に水をやる陽菜の背中。

「お兄ちゃんおはよう」
「おはよう。悪かったな色々」
「修羅場になると思ったけどね。はははは」
「優子ちゃんと板野、大丈夫だったかな?」
「あの二人、新しい恋探そう!って盛り上がってたよ。お兄ちゃんフラれたね、完全に」
「別にいいよ」


起き上がりベランダに立ち良く晴れた空に向かってグッと背伸びをした。
遠くでスカイツリーがぼんやり見える。

「今何mかな?」
陽菜は笑顔で答えた。
「どれぐらいかわからないけどあれ完成したら一緒に登ろう。麻里子さんと一緒に」

陽菜の視線の先にある麻里子の写真がいつもよりも笑っているように見えた。




終わり




f0182863_1333315.jpg

[PR]

by youngas | 2010-10-01 01:25 | XX KLUV2010 秋の特別編