youngas blog

youngas.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 28日

劇画やんが道

第3話「淫行教師」

「うっ、うっ、嘘だぁあぁあああ〜〜〜〜!!!!!!!!!!」
「ぎゃはははは!!!!夜蛾さん泣いてる!!!!マジウケる!!!!!」
カオルコが腹を抱えて笑っている。
号泣する夜蛾。
無野が机を叩いて叫んだ。
「おいっ!!!!それはホントなんだろうな?」
カオルコは無野の勢いにビクついて笑うのを止めた。
「てかホント…。年上の彼氏がいる…」
「年上?いくつだよ?」
「確か…今年33…」
「同い年じゃねぇかっ!!」
泣きわめいていた夜蛾が立ち上がり叫んだ。
冷静に無野が続ける。
「何してるヤツ?」
「それは……あーしの口からは…」
口ごもるカオルコ。
「誰にも言わないから!ていうかもう俺傷ついたから!」
夜蛾が目を潤ましてにじりよる。

「…先生。中学ん時の…副担…」

夜蛾はそのまま気絶し倒れた。



「無野ちゃんっ!教師はねーよな!?」

小さな居酒屋のカウンターで泥酔した夜蛾がくだを巻いている。
酒の飲めない無野は手に持ったコーラのグラスを神妙な顔つきで眺めている。
「無野ちゃんっ!どしたんだよ?」
「夜蛾氏。どんなヤツが彼氏か見たくないか?」
「へ?」


翌日。

「ねぇホントに行くの?」
カオルコと凪子が通っていた中学校の前。
「ここまで来たんだし卒業生ですとか言っとけば大丈夫っしょ?名前は百瀬って言ってたよね。ライバルは見ておかなきゃ」
「ライバルってさぁ…」
ピーーー!!!!!!!!!!
突然のホイッスルが校庭に響く。
「走れ!!もっと足あげろ!!!」

上下真っ白なジャージのホスト風の男。長身で中学校の校庭にはまるで似合わないロン毛の茶髪が風になびいている。ポケットに手を入れたまま機嫌悪そうに生徒を走らせている。
並んで金網ごしに男を眺める二人。
「無野氏。あれだったらどうしよう」
「夜蛾氏。あれだったらやだね」

その時校舎から数人の女生徒が校庭目掛けて走り出して来た。

「百瀬せんせ〜〜〜〜〜っっ!!!!!」

夜蛾は膝から崩れ落ちた。
「ビンゴ!」
無野が叫んだ。


その夜。ヘルマート。
「あざした〜〜」
無野がレジで客を見送っている。
目線をドリンクコーナーに移すと扉に頭を突っ込み無理矢理頭を冷やす夜蛾の姿。顔は完全にイッている。
「もしも〜し。夜蛾氏落ち込みすぎじゃね?まだ勝負はついてないじゃん?」
その言葉に反応して勢いよく扉を閉める夜蛾。目は完全に座っている。
「無野ちゃんさ、勝負ってのはさ、戦わなくてもついちまうときがあんだよ。相手はスラッと長身でロン毛をたなびかせて女子中学生にせんせぇ〜〜なんて言われちゃってんだよ?だいたいコンビニバイトで寝ても醒めてもオナニーとパンクとお笑いのことしか考えてない俺と淫行教師のあいつじゃ相手になんないっての!!」
「うざ」
「無野くんうざはないでしょうよ!キミさそういうとこあるよ!前から言おうと思っ…」
その時自動ドアが開いた。
「こんばんわぁ」
凪子が笑顔で店に入ってきた。
「お久しぶりです」
上下グレーのスエットで髪はほんのり濡れている。

「潮さん元気だった?」
無野が笑顔で尋ねる。
「元気でしたよ!でもちょっとバイトが忙しくて」
「バイト?潮さんバイトしてんだ?」
「始めたんですよぉ。居酒屋さんで」
「へぇ〜」
「あれ?夜蛾さんは?」
レジの脇でしかめつらでしゃがみ込みデカい図体を隠そうとしている。
「お休みですか?」
無野は斜め下を指差して満面の苦笑いの夜蛾がゆっくりと顔を出した。

つづく
[PR]

by youngas | 2010-05-28 16:07
2010年 05月 27日

劇画やんが道

第2話「うしおさん」

「キェ〜〜〜〜〜〜ッッッッ!!!!!!!!!!!」

夜蛾の奇声が小汚い倉庫にこだました。
「無野氏!!ヤバいよ!!完全にヤバい!!いやむしろムゴい!!逆にエグい!!」
「よく意味がわからないけど夜蛾氏行くでしょ??」
白目のまま顔をタテに降り続け唾液を飛び散らかす夜蛾を見てちょっと引いた無野であった。



深夜3時。客はゼロ。レジに肘をつき夜蛾がつぶやく。

「今日はうしおちゃん来なかったなぁ」
「夜蛾氏本当に好きだよね、潮さん。告白しなよ」
帳簿をつけながら無野が返した。
潮凪子(うしおなぎこ)は女子高生バイトカオルコの友達で常連客だった。ショートカットにはにかんだ笑顔が無敵のかわいさで、1話の導入に夜蛾がニヤニヤ描いていたのも彼女のイラストだった。

「無野氏そりゃ無理だ。俺33歳よ。うしおちゃん17歳よ。うしおちゃん約二人分なわけよ」
「行きゃあいいのにな。俺なら行くね。彼氏いないって言ってたけど時間の問題じゃね?」
「無野氏はいいよな。かわいらしい彼女がいるもんな」
無野は同棲していた。
「そうやってスネてる歳じゃないだろうが!!そんなんしてたら死んじゃうぜ!!」
「死にたくないなぁ〜」
夜蛾は突っ伏したまま深いため息をついた。


昼間、晴天の銀座。
「お待たせしました!夜蛾さん!!」
「わっ!!」
夜蛾はあまりのかわいさに言葉を飲み込んだ。春色のワンピースが風に揺れている。ブレザー以外の凪子を見るのは初めてだった。
「あはは。夜蛾さん見過ぎですよ〜」
照れた凪子もまた格別だ。
「ぼく…いや俺勇気出してデートに誘ってホントに良かったよ。俺うしおちゃんの倍の歳じゃん。お父さんに見られる可能性もあるじゃん。でも、ホントに、勇気出して…よかった…ぐすん」
夜蛾はいつの間にか男泣きしていた。
「夜蛾さん…私うれしい。お父さんだなんてとんでもないです!泣いてないで行きましょう!ね?」
凪子が桜色のハンカチを差し出した。
「び、びえ〜〜〜〜っっ!!!!!!!!」
その笑顔がまた可愛らしすぎて夜蛾はさらに泣き出した。

「もしも〜〜し!!おじさ〜〜ん!!」聞き慣れた声。
「無野!!お前何でここにっ!!」
振り返ると無野が笑っている。
「仕事だからね」


夜蛾が目を開けるとヘルマートの店内だった。外はすっかり明るい。
「あれっ?うしおちゃんは?」
「夢見て泣く人初めて見た。あはは。ていうか夜蛾氏寝てたんだからレジ変わってよ」
「あ。うん…」


数日後。

「カオルコちゃんてさ、痩せたらかわいいと思うな」
「ていうか夜蛾さんに言われたくないし!つか痩せたら余計じゃね?てか何なの?あーし金ならないスよ」
ギャルのくせにデブのカオルコの隣でもじもじする中年の夜蛾。後ろでケータイを見ていた無野がしゃあないなという感じで立ち上がった。
「潮さん最近どうしたの?夜蛾氏気になってしょうがないんだって」
顔を赤らめる夜蛾。オエッと吐くジェスチャーのあとカオルコが言い放った。
「つか凪子、ずっと付き合ってる彼氏いるよ」
「えっっ!え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
夜蛾と無野の叫び声が小汚い倉庫にこだました。

つづく
[PR]

by youngas | 2010-05-27 22:10
2010年 05月 27日

劇画やんが道

かりかりかりかりかりかりかりかり。

ニヤつきながら一心不乱に鉛筆を動かす元少年。要するに中年。いやまだ青年。ギリで青年。

名前は夜蛾(やが)ドブヲという。

鉛筆の先には制服の女子のイラスト。はにかみながら手を後ろに回している。先輩にラブレターを渡そうとしている設定らしい。

この男最近めっきりモテなくなったことを時代のせいにしている。じゃあモテた時期があったのかといえばたちまち話を変えようとする。性格はすこぶるひねくれていて「お前死ねや」を心の中で一日200回は叫んでいるが一切顔に出さないで生きてきたからそこそこ生き抜けてこれた。しかしはしっこでだ。いわゆる大卒→就職→結婚→育児というコースが真ん中なら、夜蛾の歩いてるところは隅も隅。端も端。あと少しバランスが崩れればすぐにその脇にある溝に足がハマりその名の通りドブまみれになるに違いない。
そんなこたわかってるんだこんちくしょうめ!!
そう叫んだ夜蛾の耳にささる大音量のipodからはカリスマ的人気を誇るPUNKバンド曇天BOYZの新曲「君と僕のギトギトソイソースキッス」が流れていた。
「曇天はいいですよね。でも最近ボーカルのシネタくんが映画とか出たりしてて早くオリジナルアルバムが聴きたいですよね〜」と脳内ラジオDJになりきった夜蛾が一人言を始めた途端携帯がけたたましく音をたてた。
とは言っても誰かからの電話でもメールでもない。時間を知らせるアラームだ。
舌打ちをして夜蛾は着替え始めるのだった。


『劇画やんが道』


第1話「夜蛾氏と無野氏」

ヘルマート。夜蛾がバイトして7年になるコンビニだ。

いつも通り倉庫兼バックルームでコーヒーをすすっていると勢い良く扉が開いた。

「夜蛾氏これ見たっ?」

先端だけ金髪の薄汚いロン毛を振り乱した男。目はギラギラしている。

彼の名は無野(むの)カビルという。

音楽ヲタクで末期のド変態。『むのちゃんFES.〜僕たちの2日間戦争〜』と勝手に銘打ち自宅のボロアパートに知り合いをしこたま呼んで深夜に大音量でテクノを流し続け近隣から苦情が殺到。さらにハッパを持ち込んだ輩がいたことで当然警察沙汰になり臭い飯を食わされたアナーキーな過去を持つ。口癖は「ディスクユニオンに住みたい」。彼もまた当然世間のはしっこを爆走中であった。


「無野氏、何興奮してんのよ?」

無野は不敵な笑みを浮かべながら黙ってチラシを差し出した。

そこには
「伝説のPUNKバンド!!!ジャークル・サークス復活!!!!!単独来日公演決定!!!!!!!
オープニングアクト:曇天BOYZ」
と書かれていた。


つづく
[PR]

by youngas | 2010-05-27 22:06
2010年 05月 11日

2010年分ほぼ復刻

時刻もほぼリアルタイムに復刻いたしました。ペロッ

小説?そんなこと言ったかなぁ(笑)
しばらくお待ちください!!

YOUNGAS シノダ
[PR]

by youngas | 2010-05-11 18:02
2010年 05月 09日

ぼそっと。



時にペンは剣よりも強い。

時にラップは銃よりも強いと思いたい。













松っちゃんの○○な話がゴールデンになったから見てみたらロゴデザインが!!!
また良い仕事をしていました。
大原さん、体にはお気をつけて無理なさらぬよう。
デザインノートも見ましたよー。良い写真でした!!!














初めて日暮里の布屋さん街に行った。なんか作ってやろうって雰囲気がある人間が集まっている場所はエネルギッシュでいい。それはどんな創造物でも関係ないんだなーっと実感。
芸術でも音楽でも料理でもダンスでも、完成度が高かろうが低かろうが「表現者」は尊いと思う。嘘偽りなく表現していれば、それはきっと等価なんだなぁ。

















ガキ使の傑作トーク集が500円で売ってるブックオフ。やっぱ最高に感謝すべき会社だと思う。
あ、ザ・ストリーツのアルバムが200円で売ってたユニオンもね。
[PR]

by youngas | 2010-05-09 00:40
2010年 05月 08日

聞こえてる? 聴こえてる?


環ROYというアーティストをご存知でしょうか?つい最近「BREAK BOY」というアルバムを発売。これが最高すぎたので4/23に渋谷O-NEST で行われたワンマンライブと5/01に秋葉原GOODMANで行われた「生活の音楽SP」というイベントに行ってきました。

・フィッシュマンズが好きで歌詞を全部覚えているラッパー。(Midnight Breaking Fishmanという名曲があるほど)

・「プライマルスクリーム」「バニシングポイント」というUK好きには素通りできない曲があるラッパー。

・よくかぶってるキャップが今はなきグランドロイヤル。

・ダボダボの服は着てない。

・「自身の多様性、柔軟性を提示したいと考えたし、PRIMAL SCREAMやJUNGLE BROTHERSのように、作品毎に違ったクリエイションを発表するアーティストが好き」どそうでミニアルバムを2年で5枚リリース!!!飽きさせないラッパー。

・どんなにアウェー(ロックバンドやフォーキーなアーティストなど)なイベントや空気でもステージには1人!どんな空気でも堂々とカマす。


・ゆらゆら帝国をミュージシャンのロール・モデルとして尊敬しているラッパー。



と、こういう具合です。
コピペ文も多いので詳しくはロイさんのHPを


youngas sogawa
[PR]

by youngas | 2010-05-08 01:43