<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 29日

Dear ガルネク千紗さま

何なんだろうね。さて今夜はヤンガスブログでも書いてみようか!と思ってパソコン開くと相方が更新してんだよね。なんの周期なんでしょうね~。

f0182863_174711.jpg先日こちら「いよいよズーイーが全文系男子の首を獲りにきた!!!!!」で書いた妄想。

そう、映画のストーリーに沿ったエピソードである《イヤホンから漏れ聞こえる音を聞いて美女に声をかけられる》がいかに素晴らしい夢であるかは理解いただけたと思うんですが……先日……。


JR新宿駅の東南口からいつものように出る。
「さて今日はどうしよう。伊勢丹メンズ館に行ってペンハリガンの香水でも見ようか。世界堂に行って面白い画材でも買って帰ろうか。ユニオンに行って安いギタポの7インチでもディグろうか。ワイヤードでコーヒーか…ビレバン探検か…。」

「いやいや基本通りタワー(レコード新宿店)から休日を始めよう。」なんて考えながらボンヤリ歩いてたら無意識にあの長い階段をおりきって下の広場に着いてしまっていた。こんなに寒い日だってティッシュ配りのお兄さんが20人はいる。基本やつらは女子にしか配らないから邪魔にはならない。

いやいやガッデム。それでも下まで降りちゃったらGAPに入って奥のエスカレーターに乗るか、手前のやたら待ち時間が長い2基のエレベーターを使うしか10F(僕には最上階に一旦上がり、そこから順に降りていくという習慣があります。フラッグスビルにとってシャワー効果という事です。)に行くすべはない。 僕はエレベーターを待つ、あの生産性のない時間が大嫌いなのです。しかも緊張というか、いかんともしがたい、なんともチンポジの悪いような他人とのあの空間・あの距離が苦手ですのでGAPの奥まで歩いていこうと思ったんですが・・・iPodで大好きなモノクロームセットを聞いていたのでホント無意識に「あ、待つか」と思いエレベーター前で待機することに。

すると目の前に数人の女性が歩いてきて止まった。まぁ僕もエレベーターの扉と離れて立っていたからマナー違反という訳では全くないのですが、なんとなく意識的に目をやると4~5人のなかに1人だけハンパなく頭の小さい人間が。 いつものように長い時間をやり過ごしエレベーターが着く頃には15人ちょいの利用者。扉が開くと後から後から私も私もとぎゅうぎゅうに。タスキ掛けしてた自分のバッグに人が当たってる感触がしたので「あ、どうもすみません」って振り向いたら例のハンパなく頭の小さい人間が………ガルネクこと今やavex一押しのアーティストGIRL NEXT DOOR の千紗ちゃんじゃありませんか!!!

ハッとしました。これはもしや和製『(500日)のサマー』!!!もはや『(500日)のソガー』なんじゃないかと。 しかもそのタイミングで大好きな曲「Fat fun」が。 どうしたかなんて言わずもがなですね。Pコートの左ポケにはいってるiPodのダイヤルを時計回りに面舵いっぱい!カリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリ!ジョジョやケンシローのスピードでカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリ!!! 音量最大。お願いもう少しうるさくなってくれって願いを込めたカリカリ。




このあとどうなったかは事務所に止められてるのでスミマセン。お口にチャックさせといて下さい。ペロッ。


youngas soGaRL NEXT DOOR
[PR]

by youngas | 2010-01-29 01:48
2010年 01月 28日

宮本から君へを君へ!!!!!!

新井英樹の傑作漫画『宮本から君へ』が2009年に『定本宮本から君へ』として全4巻で復刊された。
1991年から1994年にモーニングで連載され新米営業マン宮本の熱い日々が描かれた新井氏の出世作にして第38回小学館漫画賞受賞作品。

…ていうかね。こんな文章じゃスルーしちゃうよ!読んでないあなた!!これとにかく黙って重いし高いけど4冊揃えて即読んでください!嫌なら漫画喫茶でもいいから!!
とくに男子!くすぶってることこの上ない毎日を過ごしてるヤツはすぐに宮本の生き様を両目に叩きつけましょう!!

俺この歳でひさしぶりに漫画で泣きました。

宮本はね、普通のヤツよりそりゃ多少熱いしウザイけど生きるってことを決して諦めないし無様でもやろうとするんですよ。
それをウザイだのキモイだの言うのもわからなくないけど男ならグッときちゃうんだよなぁ。いや俺は宮本にグッとくる男でありたい。

『ボーイズオンザラン』の花沢健吾氏が「僕の聖書。ずばり世界で一番優れたマンガです」と帯の推薦文で言い切っています。それもそのはず。『ボーイズ〜』の田西には宮本イズムがしっかり流れていたもんなぁ。

宮本って名前はエレファントカシマシの宮本から取ったらしい。確かにエレカシの世界観に近いかもしれない。男がゆえの不器用さと優しさと儚さと。
エレカシ宮本も読んだのかなぁ。



では宮本から君へを君へ。

こんなに胸はって薦められる漫画は人生に何冊もない。

俺死んだらこれ棺に入れてもらおっと。
ソガワくんよろしく(笑)

YOUNGAS シノダ



f0182863_17293136.jpg

[PR]

by youngas | 2010-01-28 22:18
2010年 01月 19日

写真大量アップ!!!!!!!!

過去のチョメクラすべてとシノダブログのいくつかに写真を大量アップしました!!

チェケラッチョ!!!

YOUNGAS シノダ

f0182863_17275775.jpg

[PR]

by youngas | 2010-01-19 08:36
2010年 01月 15日

いよいよズーイーが全文系男子の首を獲りにきた!!!!!

f0182863_1353875.jpgいよいよ日本で公開になった『(500日)のサマー』。

まだ観にいけてないんですが、いよいよズーイーデシャネルが全文系男子にロックオンしたとの噂!

主人公2人の出会いが凄い。凄いというか、俺も混ぜてくれって叫びたい程の甘酸っぱさ。

たまたま同じエレベーターに乗りあわす→男子はヘッドフォンで The Smithsの「There Is A Light That Never Goes Out」を聴いている→ヘッドフォンから漏れるモリッシーの声に反応する誰もが振りかえる程の美女が…『私もスミス好きよ。』 

給料が出るたびにレコ屋に走って買いすぎ、金がないから今日も松屋の並盛りしか食えねーって男子なら何万回も妄想しちゃう夢のシュチュエーション。透明人間になって女風呂に行く・時間を止めて憧れの美女に悪戯をするという夢の2大シュチュエーションの上を行くレヴェル。こんなスウィートな時間が訪れて、恋に落ちない奴なんていないと思います。
想像してみようよ。タワレコ新宿のエレベーターに乗って7階を目指してアイポッドを聴いていたら、西山茉希ちゃんが『私も好きですよ、、、モノクロームセット、、、』なんて言ってきちゃうわけですからね。トリプルポイントか。

それだけじゃない。
監督のマーク・ウェブ氏は音楽ビデオ出身というだけあってサントラも気が利きすぎ。出会いのきっかけでもあるThe Smithsがツボ突きすぎなのは言うまでもなく、2002年のフジロックでメンバーに遭遇してガチで涙が出たDoves(しかもファッキン名曲There Goes The Fear収録)、ミムラじゃないよマムラだよでお馴染みのイギリスの煌めきロックバンドMumm-Ra(残念ながら解散しましたが)、ここのブログでもcharlie Vol.2に載せる絵~其のⅢ~として紹介しましたThe Black Lips(こちらもファッキン名曲Bad Kids収録)、ズーイー本人のフォークユニットShe & Him(スミスカヴァー)、仏サルコジさんの美人妻でお馴染みCarla Bruniなどなど。

去年観たフローズンタイムみたいに良い作品だったらなぁ。

スパイクジョーンズ『かいじゅうたちのいるところ』か、これを今夜見に行こう。


youngas sogawa
[PR]

by youngas | 2010-01-15 13:48
2010年 01月 08日

大晦日、ここを覗いた人は世界中で1人でした(笑) 誰だ!!!!!

大晦日、ここを覗いた人は世界中で1人でした(笑) 誰だ!!!!! そんな愛すべきクズは誰だ!!!!!


f0182863_15194870.jpg



僕達は相変わらずです。休みには絵を描いて、空いた時間にはバカな事を考えるだけです。

それでも良いとおふくろさんは言いました。元気なら良いと。

結局人間なんてそういう物でもあるんだと思います。惰性と時間と圧力とはウマく付き合いましょう。



youngas ソガワ

(画像は楳図先生の名作であり時代のヴァイブル『猫目小僧』から勝手に拝借しました。)
[PR]

by youngas | 2010-01-08 15:25
2010年 01月 04日

新年が来たからってめでたくもなんともない君へ

年が明けたからってまだ炊き出しに並んでいるし、働く場所も見つかりそうにない君。

年が明けたからってあの上司が上司であることは変わらないし、どれだけ頑張っても認められそうにない君。

年が明けたからって靴箱には死ねって書いた紙が入っているし、体の青あざは消えそうに無い君。

年が明けたからって20代に戻れるわけでもないし、若い娘たちの悪口を聞いてないふりし続けるしかない君。


それは不幸なんじゃないんだぜ!!
生きるってことは元々楽しいことじゃない。辛いことや悲しいことばっかりじゃねぇか!!

どれだけ楽しいフリが出来るかなんだ!年明けに浮かれまくる渋谷のヤツらには舌打ちも出るけどあいつらだって嫌なことばっかりなはずなんだ。いや今無くても必ず平等に来るんだ。

だから一人で不幸な気になるな!
だから焦って死んだりすんな!


元旦から人身事故を知らせるアナウンスで騒然とする駅のホームで一人そんなことを思った。


俺もめでたくもなんともないけどおめでとうございます。

今年もよろしくおねがいしま〜す


YOUNGAS シノダ

f0182863_1749095.jpg

[PR]

by youngas | 2010-01-04 23:24