youngas blog

youngas.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 30日

youngazine Vol.1配布開始!!!!!!!!   (↓※通常のブログは下に更新されています↓)

f0182863_2323885.jpg



   <下北沢>
   ・下北沢HARDCORE CHOCORATE
   ・ヴィレッジバンガード下北沢
   ・シェルター(ライヴハウス)
   ・トライトーン(スタジオ)
   ・ディスクユニオン下北沢店
    
   <吉祥寺>
   ・ROCK JOINT GB(ライヴハウス)
   ・吉祥寺WARP(スタジオ)

    <新宿>
    ・ディスクユニオン新宿本館 BF 日本のロック・インディーズ館    
    ・ディスクユニオン新宿中古センター
    ・模索舎(少流通出版物取扱書店)
    ・IRREGULAR RHYTHM ASYLUM(ラディカル・グッズショップ)
    ・WIRED CAFE 新宿ルミネ店(カフェ)
    ・WIRED CAFE 新宿三越店(カフェ)
    ・紅布-レッドクロス-(ライヴハウス)
    ・タワーレコード新宿店(CD屋)
    ・HMV新宿SOUTH店(CD屋)

    <高円寺>
    ・Sunrain Records
    ・高円寺Tショック(Tシャツ)
    ・HIGH(ライヴハウス)

    <御茶ノ水>
    ・ジャニス2(中古CD)
    ・ディスクユニオン御茶ノ水駅前店(CD屋)
    ・ヴィレッジバンガード御茶ノ水

    <渋谷>
    ・タワーレコード渋谷店
    ・HMV渋谷店

    <ウェブショップ>
    ・Lilmag Store
[PR]

by youngas | 2009-12-30 00:00
2009年 12月 26日

フジファブリック志村君急逝によせて

クリスマスイブに天才がまた一人空へ昇っていきました。

彼の感性は同じ時代を共に生きる一人として心から誇りに思えるものでした。

日本の季節を巧みに切り取って歌にしてしまうそのずば抜けたセンスは恐らく同世代のソングライターなら誰しも一目置くものだったに違いありません。

ライブも何度も観ました。
そして時々僕はライブ中に眠ったりして一緒にライブに行ったYOUNGASソガワ君に怒られたものです。
今さら言い訳すると志村君の歌声は子守歌そのものだった気がするんだよなぁ。あんなに気持ち良いんだから。


とにかく僕はフジファブリックを、志村君を一生忘れないし、ずっとずっとファンでいたいと思ってます。

志村君ありがとう。

そして安らかに。


〈君のその小さな目から大粒の涙が溢れてきたんだ「忘れることはできないな」そんなことを思っていたんだ/東京の空の星は見えないと聞かされていたけど「見えないこともないんだな」そんなことを思っていたんだ〉(フジファブリック「茜色の夕日」より)

YOUNGAS シノダ

f0182863_18121335.jpg

[PR]

by youngas | 2009-12-26 14:46
2009年 12月 23日

POLYSICSからカヨ卒業!!!!!!

そんなんありかっ!!????

全篠田震撼!!!!!!

どうなるんだ!!???ポリ!!!!!!

YOUNGAS シノダ

f0182863_1895542.jpg

[PR]

by youngas | 2009-12-23 23:34
2009年 12月 10日

俺アワード2009

一年のベスト5を各部門別に勝手に発表する俺アワード!!

ちなみに今年ソガワが見聴き読みしたものなのでリリースや発表が2009年でないものもありますよっ



-映画-
1位:『Juno』
2位:『フローズンタイム』
3位:『リアリズムの宿』
4位:『FAST FRIDAY』
5位:『百万円と苦虫女』



-アルバム-
1位:SEBASTIAN X『ワンダフル・ワールド』
2位:The Pains Of Being Pure At Heart『The Pains Of Being Pure At Heart』
3位:toe『For Long Tomorrow』
4位:Crystal Stilts『Alight Of Night』
5位:チャットモンチー『告白』
6位:Vampire Weekend『Vampire Weekend』
7位:NO AGE『Nouns』
8位:埋火『わたしのふね』
9位:スチャダラパー『CAN YOU COLLABORATE?』

次点:Wavvves『Wavvves』
    Vivian Girls『Vivian Girls』
    サイプレス上野とロベルト吉野『WONDER WHEEL』
    The Horrors『Primary Colours』




-漫画-
1位:清野とおる『ガードレールと少女』
2位:清野とおる『バカ男子』
3位:花沢健吾『アイアムアヒーロー』
4位:望月ミネタロウ『東京怪童』
5位:豊田徹也『アンダーカレント』



<女子部門>
1位:木村カエラ
2位:西山茉希
3位:大橋のぞみ
4位:蒼井優
5位:橋本絵莉子(チャットモンチー※レスポール演奏時)

(総評)とにかくゴールデンウィーク以降は時間が無かった…映画館にも1回しか行けなかったしライヴも数回。あれだけ通っていたツタヤにも後半は1回も行けてないような気がします。ここの更新も極端に頻度が落ちてるのは明らかですし。来年はもう少し色々観ようと思います。バサラ。

Youngas ソガワ
[PR]

by youngas | 2009-12-10 00:08 | 俺アワード
2009年 12月 08日

俺アワード2009

一年のベスト5を各部門別に勝手に発表する俺アワード!!

ちなみに今年シノダが見聴き読みしたものなのでリリースや発表が2009年でないものもありますよっ

<映画部門>
-洋画-
1位:『イングロリアス・バスターズ』
2位:『チェイサー』
3位:『僕らのミライへ逆回転』
4位:『グラン・トリノ』
5位:『BEAUTIFUL LOSERS』

-邦画-
1位:『百万円と苦虫女』
2位:『ジャーマン+雨』
3位:『しんぼる』
4位:『罪とか罰とか』
5位:『平凡ポンチ』

<音楽部門>
-アルバム-
1位:neco眠る『EVEN KICK SOYSAUCE』
2位:電気グルーヴ『20』
3位:前野健太『さみしいだけ』
4位:毛皮のマリーズ『Gloomy』
5位:サイプレス上野とロベルト吉野『WONDER WHEEL』

-シングル-
1位:スチャダラパー+木村カエラ『Hey!Hey!Alright』
2位:銀杏BOYZ『ボーイズ・オン・ザ・ラン』
3位:スパルタローカルズ『水のようだ』
4位:ミドリ『Swing』
5位:面影ラッキーホールfeat.後藤まりこ(ミドリ)『あたしだけにかけて』

<本部門>
1位:宮崎吐夢『諦女』
2位:松江哲明/マンガ:古泉智浩『童貞の教室』
3位:都築響一『現代美術場外乱闘』/『デザイン豚よ木に登れ』
4位:ギンティ小林『新耳袋 勝手にしやがれ』
5位:Chim↑Pom+阿部謙一『なぜ広島の空をピカッとさせてはいけないのか』

-漫画-
1位:長尾謙一郎『ギャラクシー銀座』
2位:古泉智浩『ワイルド・ナイツ』
3位:古谷実『ヒメアノール』
4位:新井英樹『宮本から君へ』
5位:大橋裕之『音楽と漫画』

<ライヴ部門>
1位:9/23(水)スパルタローカルズLAST LIVE@SHIBUYA-AX
2位:9/5(土)neco眠るリリースパーティー@新代田FEVER
3位:10/17(土)フラワーカンパニーズ@日比谷野外音楽堂
4位:2/26(木)eastern youth×GOUPIL AND C@渋谷クラブクアトロ
5位:4/1(水)ユニコーン@横浜アリーナ

<女子部門>
1位:桜庭ななみ
2位:加藤綾子(フジテレビアナウンサー)
3位:川島海荷
4位:篠田麻里子(AKB48)
5位:山下リオ

(総評)今年はサブカルの風が意外としっかりと吹いていたという印象の一年でしたね。気持ち悪いのも気持ちよいものも含めて。

ではソガワ編集長お返ししまぁ~す!!

YOUNGAS シノダ

f0182863_1842023.jpg
[PR]

by youngas | 2009-12-08 16:50 | 俺アワード
2009年 12月 04日

charlie VOL.2  つまみ喰い

f0182863_17222658.jpg『日本のかなり北の方の山奥の民家。真夜中だが部屋からは明かりがもれている。
「ズッズッチッ!!ズッズッチッ!!この腰にくるビートってやつ!たまんねぇっちゃあ」
「やっぱりおらたちもラップさ、やるべよ」

壁にはBEASTIE BOYSの破れまくりのポスター。
「この人たちも三人だしな!おらたちも三人だしちょうどよかんべよ!」
「何~にがちょうどよかんべよだ!おらやらねぇど!」
二人の会話を聞いていた吾郎は呆れてそう言い放った。

「吾郎はいっつもこういう話には逃げ腰でねぇか!たまには乗ったらどうなんや!」
この家の息子·八十吉(ヤソキチ)が返す。

「んだ!んだ!吾郎ちゃんもラップかっこいいって言ってたでねぇか!」
普段はおっとりの伝助も加勢して吾郎に反論した。

「八十吉!!ダンダンうるさぐて眠れねーっちゃ!!」
八十吉の母親から苦情が入るとその日はそれでお開きになった………


つづく。



ヒップホップのカッコ良さに目覚めてしまった田舎の少年、八十吉と伝助。本心はさておき、親友がナンパな現代娯楽にハマっていく様が面白くない吾郎。

少年たちと音楽と頭の固い両親と···青春はどう転がる!?(絵:ソガワ 文:シノダ)


続きは年明け配布開始予定『charlie VOL.2 Music issue』で。


youngas ソガワ 
[PR]

by youngas | 2009-12-04 17:35