<   2009年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 31日

やがちゃんのXX KLUV 2<麻生久美子>

やがちゃんのXX KLUV2とはYOUNGASの飲み会で本気の下ネタをぶちかましてドン引きな状況が興奮に変わってきたほう・シノダが完全妄想で理想の逢い引きをしてみるコーナーです。

第2回<麻生久美子>

その人はいつも渋谷にいた。

センター街を外れた路地にひっそりと立つ、なんてことない女の子雑貨の店で働いていた。
会社が終わると俺はわざとその前を通って彼女を見つめた。見つめたと言ってもほんの数秒。目が合うのが怖いからちらっとガラス越しに見るだけ。何度か目が合ってしまった時もあったけどそんな時は小走りに立ち去ってごまかしたりした。
時々違う人がいる時もあったけどだいたいは彼女だった。
接客してる時の笑顔は身震いするほど美しく俺はいつしか彼女の虜になっていた。

話したい。単純にそう思った。

妹へのプレゼントを探してるとか口実をいくつか考えてその店の前にやってきた。

一呼吸置いて店に入る。

「いらっしゃいませ」
彼女が笑って出迎える。
俺は目を合わすことももちろん呼吸をすることすらためらいながら店の中を回った。彼女の視線を感じる。

「贈り物ですか?」
そっとささやかれた時、俺は意識をどうにか取り戻したものの「あ…いや…うわ、はい」とワケのわからない返事をしてしまった。
彼女が笑う。
俺も苦笑いで返す。
「誕生日とかですか?」
「あ……」

俺の目は一点に集中。左手の薬指の指輪だ。

「…指輪……」
つぶやいて我に返った。
「あ!いや何言ってんだ俺は!」
「指輪?」
「いや、あの…」
「指輪はこちらです」
あ、指輪も売ってるのか…。

そしてついに誰のためかわからない指輪を買って店を出た俺は悲しく振り返った。
扉の横で笑顔でお辞儀する彼女。
またしても苦笑いで返す俺。

翌週、雑誌でその雑貨屋が取り上げられているのを見つけた。そこには彼女の写真と一緒にこう書かれていた。

『店長の麻生久美子さん。彼氏募集中らしいw』

よし!今度はおふくろの誕生日プレゼントを買いに行こう!

※この日記に関するお問い合わせ、質問、意見などは一切受け付けておりません。
また、この日記を読んであいのりの最終回のぼんやりと終わっちゃう感は目を見張るものがあった、イケメン若手俳優が言うところの「全然モテないッスよ」は同い年の不細工が放つそれとは重み、深み、成分、質量など何もかも違うなどの苦情もお断りいたします。

f0182863_1961869.jpg

[PR]

by youngas | 2009-03-31 23:02 | やがちゃんのXX KLUV2
2009年 03月 24日

やがちゃんのXX KLUV 2<榮倉奈々>

やがちゃんのXX KLUV2とはYOUNGASのサミットよりライフ派のほう・シノダが完全妄想で理想の逢い引きをしてみるコーナーです。

第1回<榮倉奈々>

夏。
東京の夏はなんだか田舎より暑く感じる。じゃあ何度違うんだとか聞かれてもよくわかんないんだけど人が多いからかも知れないなぁ。
そんなことを考えながらすっかり夏の景色の田舎道を車で走っていると見慣れた川が見えてきた。
よく川遊びしたあの川。今日みたいな天気のいい日はほらやっぱり子供たちが水遊びをしている。
「健太~あんまりそっちいぐとあぶね~が」

聞き馴染んだ声。奈々だ。

車を止めて窓を開ける。
「奈々!!」
手を振る俺。驚いた顔をして走りよってくる奈々。夏の日差しと愛くるしい笑顔。田舎娘丸出しなピンクのTシャツに下はジャージ。それにビーサン。

「こんな早ぐに帰ってくると思わながった!おかえりぃ!」
「健太たちまだ遊び足りないだろうからもう少しいてやんな。俺車置いて後で迎えに来てやっから」
「ありがと」

ひさびさの帰省だった。両親もじいちゃんも満面の笑顔で迎えてくれた。
「こんなに土産ぶら下げて帰ってこなぐたっていいがや。お金かかったやろ?」
そんなこと言いながら嬉しそうなおふくろ。じいちゃんが水やりをしながらたばこをくゆらせている。
部屋で着替えて縁側で一息ついたところに奈々がやってくるのが見えた。
「もうすぐ迎えにいったのに」
「いやあの子たち川遊び辞めて平井さんとこいぐって」
平井さんとはお菓子とかも扱う村一番子供に人気のある店だ。
「奈々ももう高校生だな」
「いつまでも子供扱いしないでよ~あたしだってもう女なんだから」
確かに色っぽくなったな。声には出さなかったけど奈々は確実に美人になっていた。最近の東京の話を日暮れまで話した。卒業したら上京したいらしい。


楽しい時間はすぐに過ぎてもう帰る日がやってきた。
「また連絡しでな」
おふくろがつぶやく。家族全員が見送りに出て来ている。健太は草で作った船をくれた。オヤジとじいちゃんは恥ずかしそうに立っている。奈々がいつもの笑顔で言った。
「またいつでも帰ってきでな、お兄ちゃん!!」


※この日記に関するお問い合わせ、質問、意見などは一切受け付けておりません。
また、この日記を読んでオードリー春日のケチさ加減はもはや笑える次元じゃない、前回「一番近いコンビニがスリーエフて…」と書いたら「ていうか一番近所スリーエフなんですけど(怒)」と言ってくるなどの本当の苦情もお断りいたします。

f0182863_198230.jpg

[PR]

by youngas | 2009-03-24 23:07 | やがちゃんのXX KLUV2
2009年 03月 24日

妄想は終わらない

憧れのあの娘と妄想デート短編小説・やがちゃんのXX KLUV(チョメチョメクラブ)終了から1ヶ月。



誰にも頼まれてないけど第2シリーズスタート!!!!!!!!!!!!!



しかも毎週(火)の夜、一話必ず更新!!!!!!!!



第1回は今夜っっ!!!!!!!


『やがちゃんのXX KLUV 2』


妄想は終わらない………!!!!!!!!!!!!!!

YOUNGAS シノダ
[PR]

by youngas | 2009-03-24 18:17
2009年 03月 24日

XX KLUV復活におもわず。

f0182863_054319.jpg


                                                           はっ
[PR]

by youngas | 2009-03-24 00:55
2009年 03月 22日

『テラビシアにかける橋』を観ました。

f0182863_0394295.jpg『テラビシアにかける橋』を観ました。

>>> いじめられっ子のジェスのクラスにある日風変わりな女の子レスリーが転校生としてやってくる。
出会ってすぐに親友になった2人は、森の中にテラビシアという空想の2人だけの秘密の国を創り上げる。絵が得意なジェスと、両親が物書きで作文な得意なレスリーはとても想像力豊か。現実の世界では集団生活にうまく溶け込めない2人だったが、テラビシアでは王と女王となって国を取り仕切ることができるのだ。初めて心を許せる友達に出会った2人。しかしそんな楽しい日々も長くは続かず・・・ <<<

いわゆるファンタジー映画はまぁ観ないんですが、これはある理由で鑑賞しました。
指輪も剣もドラゴンも宝石も出てきませんが、ほろりと泣ける良い映画でした。なんでこんなにもヒネくれていて『死んだ魚が引くぐらい死んだ魚のような目』でお馴染みの俺なんかが楽しめたのか考えてみたところ、きっと子供の世界の現実をキチンと描いてあったからだと思います。イジメがある生活、若い女性教師への届かない恋心、兄弟間での確執や愛や嫉妬、いつまでも子供ではいられないと思う心情・・・こういった側面が生々しいとまでは言わないながら、誤魔化されずに描いてありました。

ジェスとレスリーが大切にしている森でのシーンなどは、自分が子供だった頃を思い出させます。森の高台に壊れた自転車を持って上がってジジイが山道を通るタイミングで落としたら、ジジイの飼犬が走って追いかけてきた事・・・・・・蛇苺をポケットにパンパンに詰めて帰ったら、帰りつく頃にはポッケ内で破裂してオカンにぶたれた事・・・・・・その森でドロダンゴを作って帰り道にある誰かさん家のポストに毎日入れてたら、ある日後ろからアイアンクローをされて家主に連れていかれた事・・・・・・森ってやっぱ良いもんです。

まぁ取って置きの見どころは二人が通う学校の先生役でズーイー・デシャネルという女優さんが出ている事(笑)
結局は女優か、とある理由なんて言っといて女か、と言われそうですがそうでもないんです。彼女はあのMウォードと『She&Him』というユニットを組んでアルバムまで出しているんです(内容マジ最高!!!)。ビートルズのカヴァーなども収録していますが、12曲中10曲は彼女の作品だそうです。 ですので劇中ギターを弾く姿はエアーでも手パクでもないんですね。クラスの生徒全員に楽器を持たせて、スマッシュマウスでお馴染み「Why Can't We Be Friends?」を歌わせる場面なんて最高すぎます。<家庭教師のトライ> にこんな先生がいたら俺がお願いしたい位。


f0182863_1114024.jpgポップで可愛いミュージックビデオ。  She & Him - Why Do You Let Me Stay Here?

サウス・バイ・サウス・ウエストでのライヴ映像。フジで観れたら最高だろうなぁ…この感じ。 She And Him - "Sentimental Heart"
[PR]

by youngas | 2009-03-22 01:17
2009年 03月 19日

BIG BEACH FESTIVAL'09

f0182863_2553564.jpg>>>>> BIG BEACH FESTIVAL <<<<<
日時:2009年6月06日(土) 12:00~20:00(もう少し遅くまでやれれば良いのに)
※荒天の場合の順延開催日 2009年6月07日(日)
会場:横浜市金沢区 八景島シーパラダイス

入場料金:先行前売 ¥9,500- 先行ペア前売 ¥18,000- 
2次先行前売 ¥10,500-(タオル付) 2次先行ペア前売 ¥20,000-(タオル付)
一般発売 ¥105,00-
4月1日(水) 先行発売開始!!(詳細はオフィシャルページを参照)


BIG BEACH BOUTIQUE IN JAPAN!!!!! FATBOY SLIM!!! LUCIANO!!! でもtaicoと同日・・・

アフターパーティーとしてルチアーノだけクラブでもパーティーやってほしいな~。
[PR]

by youngas | 2009-03-19 03:00
2009年 03月 18日

『百万円と苦虫女』を観ました。

f0182863_23455887.jpg今日は少し時間があったので『百万円と苦虫女』を観ました。これでほぼ蒼井優出演作品は観たと思います。

>>>とある事情で実家を出る鈴子(蒼井優)が日本各地を転々とするお話。各地でアルバイトをし、貯金が100万円に達すると、また違う街を目指して旅に出る・・・。出演は蒼井優・森山未來・ピエール瀧・齋藤隆成(銭ゲバの風太郎役のあの子)、監督・脚本・原作タナダユキ、主題歌・原田郁子(クラムボン)<<<

とまぁストーリーはこんな感じで、良くも悪くもほぼ想像どおりに振り幅少なく着地します。女性監督らしい綺麗な風景や部屋のカーテンにこだわりを持つ設定が昼間見るにはちょうど良かった。週末の楽しみとしてガッツリ映画見ようぜ!!!ってテンションじゃなくて良かったな(笑) まぁともあれ蒼井優ちゃんが可愛い過ぎて惚れ直しました。あの髪形が多分僕の最終理想形です。今まで見た蒼井優作品の中で、一番蒼井優ちゃんを眺められたなぁ~という印象。なのでストーリー云々、100万円貯める難しさ云々は今回ナシで。これ、蒼井優じゃない人がやってたらどう思うんだろう・・・。あ、『好きです。』と2回も言わせた森山未來に激しく嫉妬!でも森山未來なら仕方ねーなとすぐ納得。
そしてピエール瀧。やっぱボ~っとしてるようで何でも出来るスーパーオジさん。純朴田舎青年っぷりに笑っちゃいました・・・なんだあの存在感は。

まーでも理屈っぽいし説明過多だし、結局は起伏がない作品だな~なんてケツをポリポリ掻いていたら、終盤の逆転劇にハッッッ。ゴメン未来ちゃん、そうだよね君は万能ネギをベランダで育てる好青年だもんね。。。オジさん薄っぺらいから君の事バカ扱いしちゃったよ。。。バカなのはオジさんだった!!!ゴメンよ未来ちゃん!!!なんて言いながらジャガビーを食べてたら、切なすぎるラスト3秒に死亡。携帯電話がないからこそ生まれるんだよなぁ…。

俺も旅に出たくなってきた。ビーチでのパーティーで赤犬が流れるような場所に俺も行きたいッス。


YOUNGAS ソガワ (昨夜のやりすぎコージーを観て、笑いすぎでアゴが痛い)
[PR]

by youngas | 2009-03-18 00:25
2009年 03月 17日

『フローズンタイム』を観ました。

f0182863_212544.jpg先日『フローズン・タイム』という映画を自宅で鑑賞しました。

>>>アートスクールに通うベンは、恋人のスージーに振られてから全く眠れなくなってしまう。せっかく夜の時間もある事だしと暇潰しも兼ねて深夜のスーパーでアルバイトを始めた。美しい女性を見ては妄想を始めるベン。そのうち時間を止められるようになり、そんな彼女達をスケッチするようになる。そしてレジ係りをしているシャーロンの美しさに気がつき彼女に惹かれて行く...<<<

と、簡単に言うとこんなストーリー。少し前、2004年アカデミー短編映画賞にノミネートされた18分のショートムービーを2006年長編映画として撮影しなおした作品らしいです。短編映画のほうはこちらで視聴可能。監督がファッション・フォトグラファーという事だけあって、映像はとても綺麗でオシャレ。ちょっとアーティーな感じが好きな人は良いと思います。

「時間よ止まれ!!!!!」という無敵の設定。もっと言うならエロ動画でも人気シリーズになる夢の設定。俺みたいなIQ低めの奴は、絶対にスカートをめくったり女風呂を覗いたり銀行強盗したりタワレコ新宿店に入り込んでしこたまパクったりとアホな方向に向かうあのワクワクの設定です。

今作もそんな生物学上どうしても避けられない本能の部分を通過していながらも、イカ臭さは全く感じさせません。そこら辺は敏腕監督が消臭したんでしょう!! そんな紙一重な設定である事を忘れさせます。 時間が止まっているというよりは、写真の中に入って行ってる様・・・トレーラーでも見れますが、終盤の雪のシーンはこれまで見た数々の降雪シーンの中で一番好きかも。まさに写真の中を歩く感じです。

と、色々書きましたが何が面白いってバイト先のメンバーが面白すぎて死にます。深夜のスーパーでキックスクーターのレースをする先輩、サッカーバカ憎のボス、カンフーヲタ・・・ジャッカスよりも洗練された、この愛すべきアホ軍団をもっと見たかったって言いたい位。綺麗な風景やハッピーエンドなラヴストーリーも良いけど、深夜のバイト感漂うあのスーパーマーケットの風景だけで75点越え確定!!!!!

ソガワ的な話を付け加えるなら、トレーラーのバックでも流れてるBang Gangの曲が最高すぎる。
アイスランドのバンドらしい冷えた浮遊感があるのに幸福に包まれるあの感じです。キラキラフワフワ。同郷ならビョーク・シガーロス・ムーム、フランスのケレン・アン、アメリカのキャロライン、台湾のwaaが持ち合わせているあの感じです。この1曲聴きたさにサントラをツタヤレンタルしても良いかもって思える名曲!!!ヤバシ。


   Bang Gang / Inside PV >>> こちら

   waa / let's go travelling PV >>> こちら

   Caroline / Where's My Love PV >>> こちら ※イントロ40秒で恋をした永遠の名曲。自分的に殿堂入りのアンセム。


YOUNGAS ソガワ
[PR]

by youngas | 2009-03-17 03:14
2009年 03月 16日

0.12

f0182863_1173122.jpg無印良品に売っている中性ゲルインキボールペン0.5mm(黒)が、74円しかしないのに一番シックリくるんです。 しかも同じシリーズの0.38mmとちゃんと使い分けます。ほんとうに極僅か0.12mmの違いなのに全く違います。ペンを作ってくれている方々はパートタイムで日々の流れ作業をこなしているのかもしれませんが、そんなペンを大好きな青年が、ここ池袋の端っこにいますので日々の業務がんばって下さい。宜しくお願いします。
紙もビッグカメラで売ってる一番安いコピー用紙で充分ですよ。

だからドローイングはイイ。 

今夜は2many DJ'Sという人達のMIXを聞きながら描いてるよ。 チャオ。

YOUNGAS ソガワ(鹿島アントラーズが公式戦2連敗で意気消沈)
[PR]

by youngas | 2009-03-16 01:30
2009年 03月 14日

これ、読んでいます。

f0182863_3174312.jpg最近はこれ読んでます。『鈴木喜之著 アメリカン・オルタナティヴロック特選ガイド』
寝る前とか、電車の中とかにぴったり。昼間2時っチャオを流しながら見るのもアリだと思います。

かのスティーヴ・アルビニのインタビューや(「インターネットによる流通があっという間にCDに取って代わっていくだろうな・・・」という一文を数年後に見かえそうと思っています。)サーストンムーアとイアンマッケイの対談(わからない人はwikiで)、レーベル紹介など見所満載です。
若いみんなはこの本を片手に、ブックオフを攻めるべし!!300円ぐらいで思わぬ名盤を探し当てる事でしょう!!

あ~バストロ聞きたい(わからない人はwikiで)!!!

YOUNGAS ソガワ
[PR]

by youngas | 2009-03-14 03:31