<   2009年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 28日

殴る人たち

渋谷ハチ公の前で待ち合わすって残酷だと思いませんか、よく考えたら。ハチ公は何年も待ち続けて死んでいったってのに、待ち合わせのメッカにされちゃって。
「ごめん待った?」「もう!待ったよ~10分も待ったんだよ」「てへ。ごめんごめん」だって。俺がハチ公なら殺すね、このカップル。10分なんて待つ内にはいらねんだよ!とすぐさま噛みつくね!男の首元を。
…と、中二の夏からずっと考えていたほうYOUNGASシノダです。お久しブリーフごぶサターン。セガサターン。せがた三四郎。スティーブンせがた三四郎。スティーブン湯川専務。←湯川専務はドリームキャスト。


いや、そんな話はどうでもいいんだ。昨日とおとといの話だ。
もうね、素晴らしかったんですよ。だから書く!
まず26日。水色のにくいヤツこと我らが「youngazine vol.1」に見開きで登場して頂き横浜のファミレスで熱く語った熱いのに平熱な雰囲気の人小嶋さん率いるGOUPIL AND C LIVEin渋谷クラブクアトロ!!eastern youth吉野さんに見初められて歴史あるイベント極東最前線の2009渋谷決戦の対戦相手に選ばれたって言うんだから行かないわけにはいきません!(と言いながら相方は欠席。そこもかわいらしい我々ヤンガスちゃん)
もうね、堂々たるもんでした。すげーカッコ良かった!音が鳴った瞬間に鳥肌ブワッ!こんなデカいとこ最初で最後なんて自嘲気味に言ってたけどんなこたぁない!グーピルはデカいハコも揺らしてた!二人組なのにあの音圧!なんなんだ一体!
おこがましくもヤンガジンを物販に置いてもらってその時に「良かったッスよ!」なんてことしか言えなかったけど本当に良いときは言葉になんないもんだ。そうだ。きっとそれだ。


で27日。ヤンガジンを新宿で見つけてその内容に共感し連絡してきてくださったダンサーの菊地美佐子さん率いるフィメールパフォーマンスユニットmujer(ムヘール) のパフォーマンスライブイベントmodi vol.4 inANCE yoyogi!!
岩見のとっつぁんことミドリのベーシストでもある岩見継吾さん率いるZycosも出ていて菊地さんから紹介していただきました。いやぁうれしかったなぁ。
菊地さんもすんげーキレイな人でキレイな人にめっぽう弱い我々ヤンガスはそれだけでかしこまっちゃいましたけど気さくで優しくて素敵な方でした。
でいよいよmujer。衝撃。ダンスでパンクを感じることなんてないと思ってたけど紛れもなくパンク!すごい!あんなすごいものを見せられたら俺たちどうしたらいいんすか!
もう本当に良かったなぁ。(しかもライブ前に差し上げたヤンガスバッチを付けて踊っていただきました!恐縮!)
いやぁ本当に是非見るべき!巷のパンクもどきバンドが泣いて逃げ出すあの衝動そのものなダンス!マジでやられました!
ヤンガスでイベントやったら出してくださいなんて言ってくださいましたけど、本当にお願いしたいです。これもっとたくさんの人たちに見せたいし見せるべきだもの。
とりあえず菊地さん!今度ゆっくり飲みましょう!←さらっと誘ってみる。

というわけで2日間で殴られまくった俺でした。内出血だけじゃすまないよこりゃ。下手すりゃ死ぬ!(おやきfromタカダコーポレーション)
とにかく何かやるぞ!まずはダンスからだっっ!!←即影響


YOUNGAS シノダ
[PR]

by youngas | 2009-02-28 17:28
2009年 02月 24日

Horses-Gloria

f0182863_0453834.jpg「ジーザスは死んだ。」

という歌詞で幕を開ける名作Patti Smith/Horsesの1曲目「Gloria」が聴きたくてアルバムを探したんだけど見当たらず…。なんでこう、いま聴きたいCDって見つからないんでしょうか・・・やっぱ大きなCDラックを作ってA~Zで管理すべきですね。
なのでフジロックのDVD【FUJIROCKERS】を見て、あの感動のシーンをもう一度!!!と思ったら、こっちのDVDまで見当たらず・・・はぁ。。。 俺から借りてるよ~って方、いらっしゃったら電話くれると助かります。


YOUNGAS ソガワ


あ、あと友人に『youngazine』を送ったら(贈ったら)御礼の葉書が届きました。メールじゃなくて、あまり上手ではない手書きの直筆で。

KEEP 'ON WRITING
KEEP 'ON DRAWING! だよ。

と書いてありました。
ハガキも言葉も大切にしようと思いました。こういうシンプルだけど心がこもっている物を作らないといけないんだと教えられたようです。
[PR]

by youngas | 2009-02-24 01:35
2009年 02月 21日

フランス ロレーヌ産 岩塩使用

f0182863_23182890.jpg

 
  
       これ、うまし。





YOUNGAS ソガワ
[PR]

by youngas | 2009-02-21 23:19
2009年 02月 17日

やがちゃんのXX KLUV(チョメチョメクラブ)

「退院おめでとうございます。
いっぱい話聞いてくださってありがとうございました!楽しかった!!
けど…もう帰ってこないように!!

天国のお母さんに祈っておきます

お元気で
新垣」

書き終えた原稿をメールで送信すると、担当の小野寺からすぐに返信が来た。

「ありがとうございます!最後んとこ新垣さんの手紙で終わらせるあたり、何かいい感じすね~!
とにかくこれで今週末に間に合いそうです!
先生どこ行かれるんでしたっけ?旅行もいいですけどハメ外さないでくださいね~」

飛行機の窓からは真っ白な雲が連なっている。
少し眠ろう。あの人の夢を見ながら…。



最終回<深津絵里>



ニューヨークにやってきたのは10年ぶりだった。

絵里とは日本のアートスクールで出会い、一緒にニューヨークに移住して主に絵画修復のアルバイトをしながら二人のアートを探していた。いつしか報われない毎日に嫌気が差した俺は薬と酒に溺れるようになった。絵に対する情熱も薄れボロボロになった俺を絵里は泣きながらビンタして叫んだ。
「逃げるのは簡単なの!だけど逃げてちゃ始まらないのよ!」


それから一週間して、絵里は出て行った。
俺は日本へ戻り知り合いの出版社で働きながら、若い頃少し書いていた小説の真似事をする内に、今流行りのケータイ小説の流れに乗って妄想デートを書くことになった。不定期の掲載ながら、反響はあり、小銭をかせぎながら日々をもがいていた。

絵里を猛烈に恋しく思う日々が続き俺はいつのまにかニューヨークに降り立っていた。
まだニューヨークにいるのか、どこに暮らしているかもわからないのに。

昔二人で暮らしたアパートがまだあった。住人は変わっていた。
絵画修復に行っていた大学にも、夜通しアートについて語ったパブにも、絵里の姿はなかった。


「…何やってんだろう俺は」

一人ごちたその時、懐かしい声が聞こえて振り返った。
一緒に絵画修復に携わり、一番親しくしてくれていた日系のサトルだった。
「どうしたんだよ!」
お互い狐につままれたような顔をしていたのに次の瞬間僕らは突然の再会を抱き合って喜んだ。
そしてその後、サトルの家へ行き夜通し語った。
ニューヨークに残った絵里がずっと頑張って絵を描き続けていたこと、その後親が倒れ日本に帰っていったこと、最期の作品と何日もかかって描いた作品が大学の講堂に飾られて満足そうに眺めていた後ろ姿。
サトルは翌朝俺をその講堂に連れていってくれた。

ある画家の肖像

と名付けられたその絵には空を仰ぎ絵の具まみれで絵を描く男の姿が描かれていた。

「これ…」
「お前だよ」
サトルが笑った。
涙が止まらなかった。

「エリは待ってる。絶対待ってるよ」


俺は日本行きの切符を握りしめて走り出した。






第1回:北乃きい@表参道


第2回:北川景子@上野


第3回:木村カエラ@下北沢


第4回:加藤ローサ@御茶ノ水


第5回:長澤まさみ@新宿


第6回:綾瀬はるか@中野ブロードウェイ


第7回:クリスマススペシャル!!①相武紗季@お台場


第8回:クリスマススペシャル!!②上野樹里@多摩川土手


第9回:宮崎あおい@横浜


第10回:南沢奈央@東京ディズニーランド


第11回:蒼井優@大阪


第12回:堀北真希@秋葉原


第13回:YUI@福岡


第14回:新垣結衣@都内の病院


最終回:深津絵里@ニューヨーク



オープニングテーマ「夢で逢えたら」銀杏BOYZ



エンディングテーマ「恋はいつも幻のように」ホフディラン


脚本/監督/出演(妄想)・YOUNGAS シノダ


製作総指揮・YOUNGAS ソガワ


SPECIAL THANKS・青木さんをはじめここまで妄想に付き合って頂いた皆様


製作著作・YOUNGAS




やがちゃんのXX KLUV
(終)





f0182863_19135928.jpg

[PR]

by youngas | 2009-02-17 23:59 | やがちゃんのXX KLUV
2009年 02月 17日

you+me=revolution

こんにちは。
今年に入って、なんと3回も風邪をひき病院に足を運んでいるソガワです。
なにか悪い物に憑依されているか、これまでのバチが当たっているとしか思えません。。。中学の時、休み時間に友人よっくんの弁当箱を勝手に開けて一番美味しそうなカニクリームコロッケを食べた件でしょうか・・・そうじゃなければ高校の時、友人のタバコ(セブンスター)の葉っぱを安いタバコ(わかば)の葉っぱと全て詰め替えてセブンスターの葉っぱを入手したあの件でしょうか。。。神様はきっと見ていますので、こういうバチも仕方ないですね。 この辛い時間のカウンターとして、何か面白い物が将来にあるのかもしれないと思いこうやってキーボードをカチャカチャやっています。


f0182863_2350266.jpg世間様はバレンタインデーで浮かれている14日、高円寺で開催された『東京ZINESTERギャザリング』というイベントにお邪魔いたしました。僕らの『youngazine Vol.1』の配布で大変お世話になっているLilmag storeさんイレギュラー・リズム・アサイラムさん主催のイベントです。

イベントといっても、とても肩の力が抜けた【お茶会】と言った方が良いかもしれませんね。
僕らみたいにzineを作ったりしている人が販売したり、zineトレードしたり、お茶飲んだり酒呑んだり、しゃべったり食べたりしていました。

「Kathy zine」や「Hair zine 」でお馴染みのPOPDROMEの皆さんがいらっしゃったり、「がんばらない.com」というミニコミをつくっているなんじょうえこさんがいらっしゃったりで、個人的にはとても楽しかったです。なによりもLilmagのモモさんに会ってキチンと御礼が言えて良かった。 もちろん人見知りでチキンなので誰ともまともに話せませんでしたが(笑)


まさにyou+me=revolutionな、とても有意義でインディー魂あふれる良いイベントでした。 まだまだ俺達には出来る事がある。






もう一つ。

f0182863_0353215.jpg少し前に新しいzine作りますよ~って宣言した『think magazine』ですが、順調に進んでおります。
←こちらの画像はソガワ作成のペン達+爆発です。

これをレイアウト&デザインを担当してくれる友人NOBU氏に丸投げして、好きに作ってもらいます。どうやって上がってくるかワクワクするので、一人でやるより楽しみ倍増です。

あと自分的には大ニュース!!!!!! 僕の大好きな『Boo zine』というジンがあるんですが、それを作っている大阪在住の石川彩矢ちゃんが参加してくれることになりました~。石川彩矢ちゃんのサイトなどは、たぶんまだ無いのでLilmag storeさんのレビューを→Boo zine
こうご期待。


YOUNGAS ソガワ
[PR]

by youngas | 2009-02-17 00:24
2009年 02月 13日

ええええええらいこっちゃっっ!!!!!!!!!!!!!!!!

赤犬からアキラさん脱退ぃぃ!!!!!!!!?????
嘘であれ!ジョークであれ!ちょっと早いエイプリルフールであってくれっっっっっ!!!!!!

13日の金曜日…これは悪夢に違いない…。


YOUNGAS シノダ

f0182863_1915778.jpg

[PR]

by youngas | 2009-02-13 02:09
2009年 02月 10日

やがちゃんのXX KLUV(チョメチョメクラブ)

やがちゃんのXX KLUVとはYOUNGASの去年実家に空き巣が入ったほう・シノダが完全妄想で理想の逢い引きをしてみるコーナーです。

第13回< YUI >

月曜日と金曜日の夜に彼女は現れた。
福岡市内の外れのアーケード。駅の入口。公園。そのどこかに彼女は座っていてギターを爪弾きながら歌っていた。
雨の日も彼女は歌っていた。

路上で歌うことこそが自分の存在理由なんだと言っているような彼女の歌は細く今にも消えそうなのにどこまでも続いていく果てない永遠を感じさせる。

何人かの常連客に紛れて応援するようになった。

彼女の名前はYUI。
とてもシャイらしくて最初は目を合わせてもくれなかった。でも彼女の歌声が聴きたくて通っている内に少しずつ話してくれるようになり、目を見て歌ってくれるようにもなった。たとえ俺一人しかいない夜も彼女は一生懸命歌ってくれた。
あまりに熱心に見に来ていたから最初は警戒してたんだなんて話もしてくれるようになった。
そして…いつしか好きになっている自分に気がついた。
最初に彼女を見つけてから一年が経とうとしていた。


俺は自分の思いを今日こそ告げようと決意して仕事帰り、いつもの場所へ向かった。でもアーケードにも駅の入口にも公園にも彼女はいなかった。

その翌週もその次の週も彼女は現れなかった。いつしか待っている客は俺一人になっていた。最後まで一緒に待っていた女子高生も「もう聴けないんですね」と一言残して去っていった。

二ヶ月が過ぎた。
金曜日の夜。
同僚と飲み疲れて一人あの公園に来ていた。
ベンチにもたれて星を眺めた。
その視界を遮るようにYUIが突然顔を出した。俺は幻を見たかと思いあせって立ち上がった。
「ごめんなさい。ずっと来れなくて…」
YUIは夢を叶えに東京へ行きますと俺に告げた。

「最後、聴いてもらえますか?」

言葉も出ず頷いた俺にYUIは静かに歌ってくれた。

星の綺麗すぎる夜だった。


それから三年。
家庭を築いた俺は自宅でテレビを見ていた。
YUIが力いっぱい歌っていた。

「この子、あなたと同じ福岡の子らしいわよ。知ってる?」
嫁がキッチンから顔を出す。

「いや……知らない」
俺は静かにソファーに腰掛け微笑んだ。

※この日記に関するお問い合わせ、質問、意見などは一切受け付けておりません。
また、この日記を読んでこれもはや妄想デートちゃいますやん!などのニセ大阪弁での苦情もお断りいたします。

f0182863_1958948.jpg

[PR]

by youngas | 2009-02-10 16:34 | やがちゃんのXX KLUV
2009年 02月 10日

やがちゃんのXX KLUV(チョメチョメクラブ)

やがちゃんのXX KLUVとはYOUNGASの最近の小島よしおの迷走ぶりは逆に好感が持てると思っているほう・シノダが完全妄想で理想の逢い引きをしてみるコーナーです。

第14回<新垣結衣>

「痛てっ!!」
「ちょっと!新垣さんあなた何やってるの!!」
婦長さんの怒号がこだましてまた泣きそうな顔になる新垣さん。
スノボで横転して複雑骨折した俺は人生初の入院をした。
仕事は休まなきゃいけないし、1ヶ月も拘束されるしでかなり憂鬱だったのに、初日から新人看護士さんの新垣さんがついてくれてテンションは急上昇。拾う神は確かにいたぜ!

しかし新垣さんはとにかくおっちょこちょいでこの前も廊下に何かを激しくひっくり返していたし、今だって俺は骨折した足に突撃されて、痛すぎて笑ってしまったぐらいで。

沖縄から去年上京。お母さんのような立派な看護士になりたいんだそうだ。
会話は本当に数回しただけ。
あぁゆっくり話せないかなぁと思っていると散歩で車椅子を看護士さんに押されて歩いてる患者さんを発見。そうか!その手が!!

新垣さんが部屋の前を通っていくのを見つけて思い切って声をかける。

「新垣さ~ん」
「は~い」

患者の中では必殺のガッキースマイルと呼ばれる満面の笑みで近づいてくる。

「あの……車椅子で散歩行きたいんすけど」
「わはは。いいですよ!5分待っててもらえますか?」

隣の老人・村井さんがニヤついて見ている。
「散歩したいんだか〇〇〇したいんだか」(あまりに下品なフレーズのため割愛)

そして新垣さんとの庭デートへ。
寮の近くのスーパーにゴーヤがなくて怒っていること。故郷のお姉さんが結婚すること。村井さんにセクハラされまくってて参ってること。そしてお母さんのような看護士になるって話(二回目)

ありったけの思いを笑顔で話してくれて俺は夢見心地だった。
「あ。私ばっかり話してますよね?すいません!」
「いや、いいんです!楽しいです!お母さんの話は二回目ですけど」
「え!?前にも話しましたっけ?あぁ何か恥ずかしい!」
二人の笑い声が病院の庭に響いていた。


退院の日。
荷物をまとめて玄関にやってくる。新垣さんも来てくれている。

「お世話になりました」
「また来てください……なんて。戻って来ちゃだめですからね!」

記念に握手をしたら新垣さんが手紙をくれた。


「退院おめでとうございます。
いっぱい話聞いてくださってありがとうございました!楽しかった!!
けど…もう帰ってこないように!!

天国のお母さんに祈っておきます

お元気で
新垣」

※この日記に関するお問い合わせ、質問、意見などは一切受け付けておりません。
また、この日記を読んでサブカル眼鏡女子は八割方漫画家を〇〇先生と呼びやがる、あそこのパスタ屋人入ってんの見たことないけど逆に隠れた名店なんじゃないかと行ったら案の定激マズだったなどの苦情もお断りいたします。

f0182863_19184285.jpg

[PR]

by youngas | 2009-02-10 16:34 | やがちゃんのXX KLUV
2009年 02月 07日

まこちん。

『銭ゲバ』の椎名桔平がウザすぎですね~。こんばんはyoungasソガワです。

最近は石原まこちん著【撲殺!青春レコード】を読んで過ごしています。

f0182863_21252275.jpgTHE3名様でお馴染みのまこちん先生による音楽的履歴書。


夜店で買ったファミソンのミックステープ(ぱちもん)を何年も愛聴し、「北斗の拳」のテーマソングをウワッシャー!!と熱唱(正解=ユーアーショ~ック)、スーファミのソフト「マリオペイント」で作曲活動にとりかかるも挫折、ドイツのメタルバンド「ハロウィン」を聴きこみ、レンタルCD屋で「オジー」を借り、初コンサートは「COCO」(若い人は知らないんだろうなぁ…)。ブルーハーツ一色の世間に反してまこちんは「筋少」に夢中。。。


全く音楽に詳しくなくたってサラッと読み通す指数はかなり高いと思います!!!大きな笑いからクスクス笑いまでギッシリ、かつ力を抜いて詰まってます。
さらに大槻ケンヂ師匠との対談も収録!!!

芸能人本or音楽本のコーナーに平積みされているとおもいますので、ぜひ。
寝る前の5分本、ほんの3駅本として活躍してくれることでしょう!!! オススメ。


さて『銭ゲバ』も終わったので、賛否両論ある『クローバーフィールド HAKAISHA』を観ようと思います。おやつはマツキヨでお一人様2箱までだった安売りのパイの実です。


YOUNGAS ソガワ
[PR]

by youngas | 2009-02-07 21:53
2009年 02月 03日

やるならやらねば!

いわゆるスランプでしたここんとこ。正確に言うと年末ぐらいから。
負け犬がひしめきあっちゃって脳内で。
ダメだと思い出した瞬間にストーンッてタワーオブテラーより垂直に落ちちゃう感じ。もうね、このまま何もしなくてもぼんやり生きてけるよなぁとか思っちゃって。仕事に行くことはもちろん目覚めることすら億劫で…。
人ってダメになるとカビがパーッと広がってくみたいにダメになっちゃうんだよね。ドクタースランプつーか、ミスタースランプつーか、ドクターストップつーかね。

しかしですよ!皆さん!世間はあっつーまに2月ですって!ボケッとしてたら死ぬやん!と、誰かが言うわけですよ。
やらなくても死ぬしやっても死ぬならやるって言ってたやん!と。
ダメになるのは生きてりゃ素のままで勝手になるじゃんと思ったんすわ。
だから思いついたことを手っ取り早くやってみたろうかなと思いましてここに静かに復活します。
いや、ソガワくんはもう色々やり始めてますんで、わたくしシノダが復活します。誰も望まなくたってやろうと思います。思いついちゃったんだったらやろうと思います。
というわけでチョメクラもまもなく新作アップします。(青木さん待っててや~)
そして新たな試みも企んでます。
決まったらここにアップします!

ていうかデメキングナイトはまだ参加者募集してますよ!ブログ見てる人!遊ぼーよ!ねぇ!ねぇってば!もうテレビ見るかPSPばっかりやってないで!(クッキー作るなんて言ってない!(笑))

そんなわけで2009のYOUNGASはやらかしますwith you!お楽しみにっっっ

YOUNGAS シノダ

追伸 相方へ
「百万円と苦虫女」があまりにも良かったのですぐに見てください。新作なんで半額になりませんけども
[PR]

by youngas | 2009-02-03 17:46