カテゴリ:やんがすちゃんのYMO( 16 )


2017年 02月 28日

2017年2月はこれを観た!!!

f0182863_22510949.jpeg
【ナイスガイズ】8
最近は『どんだけ登場してる奴らが好きか』で、その映画を気に入るかそうでもないかがハッキリしてきたかも!!!
昔はもっと映像が~とか音楽が~とか考えてた気もするんだけど、歳のせいなのかキュートな奴らが(自分にとって)出てれば色々OKって感じ。そういやゴハンも食器とか盛り付けとかよりも、国産のシッカリしたワカメとかがあれば良いしw
そういう意味では、ここにいるラッセルクロウ&ライアンゴズリング&アンガーリーライスちゃんは最高にキュートで味わい深い愛すべき奴らだった。
ワカメは絶対国産が良いけど、ライスは輸入モンでOK~。


【君が生きた証】8
結局1週間レンタルで3回観た。なんならまた借りると思う。
何だかどんどん好きになってったのは、やっぱ主人公のオッサンがダメダメだけどチャーミングに見えてったからだろうな。あと圧倒的に曲が好みだった♥ポップで多幸感がある感じは、出演もしてるベンクウェラーのそれみたいだった。
アントン・イェルチンもめちゃくちゃカッコよかったし。
ま、ラストのあの曲は理屈抜きに込み上げる物があって、喉の奥がギューってなった。


【キングスマン】8
監督が~とか原作が~はお馴染みでしょうから省くとして、とにかくイギリスの悪童が好きなんすよ!!!マンUのルーニーとか、ローゼズのイアンとかオーディナリーボーイズのプレストンとか!
スキンズとかモッズもそうだけど、ここに描かれてるchav(チャヴ)っていう最近の英国産ヤングごろつきが大好物だから8点w
根強く残る階級社会も描けてて最高でした。主人公エグジーがフレッドペリー着てるのとかもフォー!!!テーラーもフォー!!!マークツヨシ先輩の潔いスキンヘッドもフォー!!!w
2で味付け濃くしすぎてキックアスみたいにはしないで欲しい。と言いつつ、やっぱそうなってて笑いたいのが本音(笑)


【サウスポー】7
ジェイク・ギレンホールとレイチェル・マクアダムスが出ててフークア監督だったらそりゃ観るし、そのスタッフだけで画面の耐震性高め。そこに50セントだもん、最高っす。
やっぱどうしても『クリード』と比較されちゃうんだろうけど、こっちはこっちで俺は大好き。
予告にもあるドン底事件から、復讐の鬼と化す『イコライザー』展開も観たかったなーーー。
スピンオフで撮ってみるってのはどうですかね?


【ダーティーコップ】7
まずもうタイトルが鬼くそダサいっつの!!!【The Trust】っていう原題をいじってそれにするかね(笑)
邦題いい加減にしなさいよ問題。
結局はやっぱりニコラスケイジの顔に尽きるんだよな~。ニコケイの顔圧が本気出してるやつ。
映画秘宝別冊『この映画を見逃すな!』に載ってなかったら借りてないと思うけど、ほんと思わぬ良い拾い物。
出だしのテンションと終わりのテンションに差がありすぎる情緒不安定展開が珍味風味で最高でした。


【マッドドライヴ】6
いわゆる音楽メジャーレーベルの新人発掘隊がマッドにドライヴしていく話。
こういう仕事に憧れてたので、わりとすんなりノレた。実はわたくし某大手レーベルのA&Rの面接で副社長の最終面接まで行ったことがあるんです。
新人A&Rが上司に『これとかどうですか?』ってレコード聴かせるのが22-20’sでブチ上がり!!!結局その12インチも壁に投げつけられるんだけどね(超名曲だけど)
満点ムービー【はじまりのうた】に出演してたジェームスコーデンが出てるから少々加点しときますw


【ハドソン川の軌跡】6
中学の時の英語のテストで『サッカーを英語で書け』って問題に『Football』ってかいてバツにされたんだよなー。
サッカー部だったから当然Soccerぐらいは書けたんだけど、イギリス発祥のスポーツだからイギリス流に書きたくてね。先生に猛抗議したけどダメだった。絶対○で良いし、何なら◎でも良いぐらいだろ。って今でも思ってるもんw
そういうのあんだなー。正解だけど正解じゃない。
みんな助かったんだから良ーじゃねーか!って、これ観ながらずっと言ってた(笑)


【あなた、その川を渡らないで】6
あなたハドソン川を渡らないでって言いたいとこだけど、三途の川でしたね。
男尊女卑が色濃くあり、縁故のしがらみが強力な韓国のその時代において、奥さんがその気になるまで何年も子作りをしなかったっていう旦那さんカッコいいっす。
綺麗な映像や、仲睦まじい老夫婦は観ていて浄化作用すらありましたが、結局【人の死】っていう所が泣き所になっちゃうと『そりゃ泣くけども。。。』になっちゃうなぁ。


【薄氷の殺人】6
香港で仕事をしていた時に一番嫌だったのは、現地の人たちの食べ方が汚い事。
この作品内で警察がスイカを食べながら作戦会議してるとこがあんだけど、俺絶対あんな奴らに税金で給料払いたくない(笑)
だから本当は1★点なんだけど、謎のダンスが最高だったし曲がダサすぎて鳥肌立ったからOK!!!
これから中国映画ヤバくなっていきそうですね。


【キスキスバンバン】5
【ナイスガイズ】のショーンブラック監督の過去作。
大枠はナイスガイズと同じ(笑)
主演のヴァル・キルマーの息子さんが【ナイスガイズ】に出てます。こういうファミリーツリー的な映画の繋がりって素敵やん。
○○組ってよくいうけど、ホントの家族みたいでなんか羨ましいっす!!!


【ヤングアダルトニューヨーク】5
とりあえず主演の男の人がデカいプライマルスクリームのボビーギレスピーみたいで怖いwこれだけは言っときたい。
ヤンガス篠田が【14の夜】評で『主人公の男の子がジャルジャル福徳に似てて無理!!』って言ってて椅子から転げ落ちましたが、このデカボビーもそれ、まさにそれ。
でも我らがビースティーボーイズのアドロックが出てるから全員正座して観なさい!!!
そしてナオミワッツのダンス痛すぎて最高!!!


【グランドピアノ】4
【ララランド】祭に便乗してチャゼル監督が脚本を手がけたこちら。
スピード感があってハラハラするし、ダークなテンションも良いんだけど。。。あまりにもずさんな犯人たちの計画にシュン。


【ブルックリンの恋人たち】4
植物状態になってしまった弟との時間をお姉ちゃん(アン・ハサウェイ)が取り戻そうとする話。
弟な部屋にデスキャブのポスターが貼ってあって『お、これは良い映画か。。。』と思ったんですが、音楽映画の大切なキーである【曲】が好きになれないというソモソモ問題が。
そしてお姉ちゃん、こういう時にイタして良いものか、、、

これもそうだし、君の生きた証でも名前出るし、デスキャブってアメリカで人気あんのなぁ~。





youngas sogawa


[PR]

by youngas | 2017-02-28 01:03 | やんがすちゃんのYMO
2017年 02月 04日

2017年1月はこれを観た!!!

f0182863_21415678.jpg

【シング・ストリート】10★
自分史上最大の汚点は、ジョンカーニー監督をただのオシャクソ映画を撮ってるだけの人だと勝手に誤解していたこと。
自分史上最高の友人からの助言は、そんなジョンカーニー監督作を『メチャクソ良いから観ろ‼』って教えてくれたヤンガス篠田の新宿での一言。

小5の時にBOOWYを聴いて以来、ずっと音楽を好きな自分のための作品。
そんな音楽にまみれた人生を送っている奴らみんなの作品。
誰もが夢見る学園祭での最高のGIG!!!あそこは映画史に残る神シーン。
両親が仲良く踊り、兄貴は最高にかっこよく妄想するんだからどんだけ良いやつなんだオマエ。

死ぬ前に必ず観ろ!!!ゴーナウ!!!


【はじまりのうた】10★
うだつの上がらない奴らのワンスアゲインを描かせたら世界一だなカーニーさん。
グレかけてる娘のギターソロシーンに鳥肌ボツボツになっちゃうのは、洗練されてない奴がカマす一撃だからだな。
パンクはいつでもそうだ。ピックの持ち方もタドタドしいあの右手のダウンピッキングにラモーンズをみた。
大切なのは環境やツールや経験じゃない、お前自身だ!!!!!
娘にあの体験をさせたヒゲおやじは、それだけで父親の仕事を終えてもいい。


【once ダブリンの街角で】10★
低予算なら低予算なりに、キーラを使うなら使うなりに最高の仕事すんのね。
とにかく男女でユニゾンかます楽曲が大好きなので、楽器屋さんでのセッションでシッカリ失禁かましときました。
その後コンビニに電池買いに行って歌いながら帰ってくる長回しシーンで、もうワン失禁。
スタジオでレコーディング中、PE卓にテキトーに座る野口五郎似が演奏を聴いて『えっ?やばっ!超いいじゃんこいつら。』って顔をした瞬間にオカワリ失禁。
最後にお父さんの『母さんに良いとこ見せてやれ』『行け』で気絶。翌朝、フナバシの街角で目が覚めたら朝でした。


【ドントブリーズ】8
いやー疲れたよ、これは(笑)ビビり疲れたし逃げつかれた。
元旦の映画の日にyoungas篠田と観に行ったほど待ち望んでいたドンブリ。どっちもどっちっていうキャラ設定もトホホで最高だし、真暗なとこをジジイが追っかけてくるドキドキ感に手汗もブッシャー。

韓国の【息もできない】と並んで無呼吸ムービーの超名作認定!!!


【葛城事件】8
『自分の正義は当然全員の正義』みたいな顔で振る舞う奴って、僕らの一般社会にもいるんすよね。。。
そういう奴とは適当に距離をとって、なんかたまたま聞こえませんでしたって雰囲気で無視できるんだけどここの家はよりによって家長がそれっていうオーマイガ案件。
見栄と理想だけに縛られてしまった家庭の誕生から崩壊までの一部始終。
ある加害者の家庭内を覗き見れる(かもしれない)傑作。

あの田中麗奈のゲロが出るような気持ち悪さ何なんでしょうか(笑)


【日本で一番悪い奴ら】6
ナメて観ると毎度その遥か上の映画体験をさせてくれる綾野剛。
シャブ注入のドドスコスコスコ顔は今作の白眉であり一生忘れられない顔になったな~。
濃い役者陣の中でもラッパーのヤングダイスがめっちゃ良かった。サウダーヂの田我流バリでした。
あのヤングダイスを中心にしたスピンオフ観たい。
綾野剛にめっちゃイラついて、デニスのゆきおちゃんとずーっと愚痴ってそう(笑)


【スポットライト 世紀のスクープ】6
とりあえずレイチェル・マクアダムスが可愛い!!!んだけど、フークア監督の『サウスポー』で演じるセクシーレイチェルを知ると余計に記者レイチェルに萌えるという事が分かった事が今年最初の俺グッジョブ。
超巨大な権力に新聞記者数人で立ち向かうジャイアントキリングを気持ちよく見せてるし、昨今の芸能界を見てるようでもあって気持ち良かった。
文春、フライデーどうした!!!マギーは事務所が怖くて書けないのか!!!


【サウルの息子】6
この圧迫感と硬い切迫感は異常!!!
情緒不安定気味な人は観るべからず。
ラストの笑顔一発で強烈な反戦メッセージにもなってるもんなぁ。あの笑顔が頭にこびりついて離れん!!!


【ちはやふる 上の句】3
コンタックEXのCMにおけるにおける広瀬すずの笑顔は、薬の効き目以上の治癒能力があると思いますが【ちはやふる】でも正にそう!!!
けど、それが★3つ分だし彼女の光しか良くなかったっす。
テレビ局主導の作品って、やっぱ効果音がやたら多いし音量もデカい。行動に字幕が付いてるみたいなんだよなぁ。。。
もうこの手のメジャー作品はやめとこうと誓いました。




youngas sogawa



[PR]

by youngas | 2017-02-04 21:39 | やんがすちゃんのYMO
2012年 06月 12日

やんがすちゃんのYMO(Youngas Movie's Opinion) vol.14

やんがすちゃんのYMOとはYOUNGASが映画について勝手かつダラダラと語り散らかすコーナーです。
(大いにネタバレを含みます。鑑賞後に読まれることをおすすめいたします)

映画「ハラがコレなんで」を観ました。






今日はとっても短いです。
この石井監督、好き嫌いがハッキリめに分かれる監督だと思うんですが俺は割と好き寄りです。
というか『川の底からこんにちは』が好きだし、奥様の満島ひかりちゃんが好きすぎるので悪く言えない的なとこもありつつ。あ、作品の中で『マジしつけー!』とは必ず言いますが。なので一本の中で嫌いな部分が必ずあるとも言えます。
ハラコレも満島ひかりで良かった気もするけど・・・。




この『ハラがコレなんで』理屈抜きで単純な性格の方は楽しめると思います。
あと影響うけやすくて、わりとポジティブな方w なので俺は単純に元気出たw


『焦ったり慌てたり、しみったれた顔しとくのは粋じゃない。大丈夫、風向きが変わったら、その時ドーンと行けばいいんだから。』



















youngas sogawa
[PR]

by youngas | 2012-06-12 23:29 | やんがすちゃんのYMO
2012年 05月 22日

やんがすちゃんのYMO(Youngas Movie's Opinion) vol.13

やんがすちゃんのYMOとはYOUNGASが映画について勝手かつダラダラと語り散らかすコーナーです。
(大いにネタバレを含みます。鑑賞後に読まれることをおすすめいたします)

映画「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら夢を見る」を観ました。


f0182863_105642.jpg



前評判が高くて楽しみにしていたんですが、あれよあれよと公開館が減っていきついにはDVDレンタルがスタートしてしまいこんなタイミングに。国民的アイドルなので上位10人の名前ぐらいは言えますが、それ以上は・・・うぅぅん・・・位のもので、ファンではございません。なんなら公式ライバル乃木坂46の方が(なかでも星野みなみ)好きだし詳しいくらい。
それでもあっちゃんの影が付きまとうオーラには例外なく惹きつけられるし、ガールズバーに居てくれたらずっと見てしまうだろうなぁと思い続けているともちんもカワイイと思います(中国語圏では「虎牙」と書いてともちん。怖えーわ、字づらが。虎の牙ってどう考えても八重歯イジりだろ!そうそう、ともちんの「Dear J」じつは超名曲だよね。)
篠田麻里子の美しさや、こじはるの大人っぽさ、柏木由紀のおっぱいなど、やっぱ今の横綱はAKB48以外ありえないと思ってはいます。

そんな自分が見たのですが、ちょっと皆さんの絶賛ぶりが理解できませんでした。もちろん作品として面白いし、今まで見た事が無い作品ではありました。さすが秋元と言わざるを得ない敏腕はビンビンにふるっております。
ラッパーでありながら映画、アイドルカルチャーに深い造詣を持つ宇多丸さんがおっしゃっていましたが、この映画を柱で分けると『震災』『総選挙&西武ドーム』『チーム4』の3つ。時系列もこの順なんですが、前記したようなスタンスでAKB48を見ている者にとってどうしても右肩下がり、後半になればなるほど興味が無くなっていってしまいました。しかも序盤はうら若き少女たちの涙につられてグッとくるのですが、あまりに泣くシーンが多いため涙を流すこと自体に慣れてしまいました、こちら側が。

とはいえ最初の柱『震災』で自分もボランティアで訪れた事のある岩手県大槌町などで地元の子供たちが目をキラキラさせ、時には泣いて喜んでいる姿は素晴らしかった。いまの彼女たちにしかできない、レディーガガにもメッシにもジョニーデップにもできない事だよなーと思い、その凄さを再確認したとても素晴らしいシーンでした。あの子供たち・若年層のこれから地元を支えていく方々が一生忘れない何かを作れるって横綱にしかできないもんなぁ。

つぎの柱『西武ドーム』なんですが、要は気温の高さや殺人的過密スケジュール、期待や不安からくる情緒不安定具合のなかでギリギリ支えながらの過酷なステージングって事なんだと思います。もっとも国民的トップアイドルなので上位数名は人権も糞もないヒドい日常を今はおくっており満身創痍なのかもしれません。そこは理解できますが、どう考えても『ももクロ』のZeppにおける1日3公演60数曲やった方がキツイだろーと思っちゃって。あんなもんアスリートじゃないですか?Perfumeにしてもあんなに高いヒールで踊り続けている。なんてのが不躾ながらチラついちゃう。あっちゃんが過呼吸になったりするのは仕方が御座いませんが、そこがチラつくと作り手がお涙頂戴の過剰演出にしているように見えちゃう。厳しいのかなぁ? 冷静に考えて数日連続かもしれませんが、そこはキッチリやれないと逆にいけないような気さえするのですが・・・どうでしょう?サッカー選手が後半へばったら評価はさがるように。そこはアイドルというステージ上だと逆に頑張って偉いって評価してもらえるもんなんだって意見も聞きましたが...うぅぅぅん

『チーム4』は基本「知らん知らん!!!w」って感じでしたw
男の子の問題が浮上して謹慎してた子の話に切り込んではいたけど、ここまで戦略的で革新的な大人たちがガッチリ囲んでるとそのスキャンダルすらも作ら・・・なんて邪推すら・・・。

こんな感じでしたが、たかみなさんには惚れました。兄貴って呼びたい!!!
まゆゆのブレなさにも惚れました!!!妹にして自転車のタイヤに空気入れてあげたい!!!
麻里子さまのじゃんけんにも惚れました!!!ピースサインのピアスしてるくせに決勝のフィニッシュブローがグーなんてズルいじゃないかと叫びたい!!!
香港のAKBショップにも惚れました!!!じつはサンスイポーっていう薄汚い街にあるくせに!!!

むかし週刊マガジンにMMRっていう宇宙人とか怪奇現象とか超能力とかを題材に扱うクソ面白いマンガがあったんです。そこに20xx年、日本に救世主が現れる!!見たいなことがよく書かれていたんです。
たとえば赤と白のコード、どっちかを切ったら繁栄、間違えば爆発ってシュチュエーションがあって救世主登場ジャジャーーーンって時にあっちゃんが鎧着て剣持って立ってたら、おれ実は文句一切ないですw




恒例の点数ですが、ごめんなさい!AKB48点!うそ!69点!




















youngas sogawa
[PR]

by youngas | 2012-05-22 02:21 | やんがすちゃんのYMO
2012年 02月 22日

やんがすちゃんのYMO(Youngas Movie's Opinion) vol.12

やんがすちゃんのYMOとはYOUNGASが映画について勝手かつダラダラと語り散らかすコーナーです。
(大いにネタバレを含みます。鑑賞後に読まれることをおすすめいたします)

映画『人生はビギナーズ』を観ました

f0182863_2339264.jpg



簡単に言うとドストライクな作品なんです。「メタルヘッド」の時に書いたけど、観る前から+30点ぐらいはあげちゃってます。まず主演のメラニーロランが可愛すぎ殺人事件の実行犯ってとこで+15点。タランティーノの「イングロリアスバスターズ」で、その美貌にイスから転げ落ちちゃった人も多いと思うから、ここは説明不要。ちょっと不思議ちゃんやるには端正すぎるかもしれないけど、いやけどそれでもイスからまた落ちたし、めまいするよ。可愛すぎて。満島ひかり、エレンペイジは殿堂入りだとして、剛力彩芽とこのメラニーロランはほんと凄い。黒江ちゃん(漏れっつ)もすごいけど。
あとはファザコンの俺には父と子のストーリーは反則って事。そこで+5点。父と子っていうか年の差アリの男同士物か。そう、グラントリノで涙ドワァー。ビッグダディ(アダムサンドラーの)で涙ドワァー。パーフェクトワールドで涙ドワァー。その3作みたいな涙腺決壊大洪水物じゃないけど、方向として無条件に好き。
ずらずらたくさんあるけど、ボロい車、マイクミルズのアートワーク、赤黄色緑なんかの色使い。
決定的なぼさぼさ犬の出演。たぶんジャックラッセルテリアと何かのミックスだと思うんだけど、ぼさぼさ加減がもうまじ最高。このへん含めて+10点。

お話自体はサバービアの日常を映し出したゆるい数か月。自分は何か教訓めいた事を感じることは無かったけど、いつからでも伸び伸びと再スタートしちゃおーよっていうような前向きなストーリー。監督の実話をもとにしたオリジナル脚本らしいです。

最もグッときたのは、メラニーロランが店員さんに店に犬は入れないでと注意されてフランス語で反撃する数秒。ここまじたまんない。「この国はなんなの?犬ダメ煙草ダメって!!!どうかしてるわ!!!」みたいな事だったような。口汚いフランス語をあんな美人が!!!という楽しみ方をするのが正しい大人の嗜みです。店員さんはなにも間違ってないのにw

こう書いてきましたが、これ、ともすれば「たいくつなオシャレかぶれ映画」なんて事もいわれるのかな?とも思います。ユアンやメラニーがさほど好きじゃなく、10年以上前ですがマイクミルズが雑誌「リラックス」の表紙・特集を組まれるほど特別な人だって認識がない人なんかには。逆にサムサッカーが楽しめた人は見ても損はなさそう。けど西新宿や歌舞伎町のチケ屋に1500円の券がちょこちょこある作品だから、そちらでの購入が...オススメです!!!!!(宇多さん風)


あ、次の日にマイクミルズ監督「サムサッカー」観ました。エンドロールのスペシャルサンクスごいすー。スパイク・ジョーンズ、ホンマタカシ、ソフィアコッポラ、デヴィッド フィンチャー、AIR、ライアン・マッギンレイ、エド・テンプルトンなどなど。作品も大好きでした~。
人生はビギナーズをそうだったけど、白い花を「優しさの象徴」みたいな使い方をしている気が。
それって超美しい。

サムサッカー、プログラムの内容等々ふくめ77点!!!!!!!






youngas sogawa
[PR]

by youngas | 2012-02-22 00:28 | やんがすちゃんのYMO
2012年 01月 29日

やんがすちゃんのYMO(Youngas Movie's Opinion) vol.11

やんがすちゃんのYMOとはYOUNGASが映画について勝手かつダラダラと語り散らかすコーナーです。
(大いにネタバレを含みます。鑑賞後に読まれることをおすすめいたします)

映画『127時間』を観ました。



f0182863_171050.jpg




トレインスポッティング、ザ・ビーチ、スラムドッグ$ミリオネアなどで高い知名度を誇るダニーボイルの新作「127時間」。まず主演のジェームズ・フランコが俺好みの男前なので、監督+主演=合格ってのは観る前から決まってました。ほんとこの人かっこいい。ナチュラルなヒゲづらでサラッとアウトドアな格好をして、あの子供みたいな笑顔でウィットにとんだ会話をされたら映画の中の役とはいえ日本中の腐女子ガクガクしちゃうでしょ。っていうはじめの20分は自分的に最高でした。
まず映像作品として、単純に色がきれいだし疾走感が気持ちいい。主人公がどういう週末を楽しんでいて、家族とどういう関係を築いているかも簡単に伝わってくる。画面を縦に三分割させる手法も新しくはナイんだろうけど、なんだかワクワクするいつものボイル感がある気がしたし。人ごみヤダなぁ~って思わせる工夫も良いと思いました。
あと、決定的に大好きな要素、それは【登場人物が少ない】という事。笑われちゃうかもしれないけど、名前と顔を一致させなきゃいけない人物が多く出る洋画は自分のスペック的に楽しめないんです。『あれ・・・これ誰だっけ・・・』みたいなw その点において『アルカトラズからの脱走』なんかは、自分にとって名画中の名画。127時間も良い線いってました。

この作品、要はシュチュエーションパニックムービーです。ソウシリーズなんかは、目が覚めたら手錠かけられてたり足枷ついてたりしますでしょ?それの岩バージョン。誰も通らない山奥の深い深い谷の底で動けなくなっちゃった5日間(6日かも)を90分で描いたって事です。それだけのテーマだけど全く飽きなかった。そこはボイルの手腕だと思います。ハッピーエンドかバッドエンドか、はたまた夢オチかそもそも最初の段階で死んでたとか。幾通りにも想像できた。助けの人が見えても振り向かないんじゃないか?救助ヘリに乗った後でも墜落しちゃうんじゃねーか?痛みで気絶して死ぬんじゃねーか?など、疑心暗鬼になってハラハラしたなぁ。

あと、序盤で出会う女の子2人組とガイドの主人公だからこそ知り得るような水遊びをするんですが、しつこい位バシャバシャ遊ぶんです。あのシーンでたっぷりの『水』と『女』を刷り込まれる事で、水筒の水が底をついてからの焦燥感に拍車がかかるんですね、きっと。最後の一滴を飲んだ直後からのドックン・・・ドックン・・・ドックン・・・っていう心音。あそこと繋がったところが最高到達点でした。

フィッシュ(バンド)を皮肉るところや、生還した喜びを綺麗なプールでまた泳がせて表現したりってのもよかったし、序盤で人ごみヤダなぁ~と思わせといて、これだけの時間「ぼっち」だとむしろ人ごみが温かく見えたりだとか(最初と最後付近に同じ映像を見せられるが感じ方が違う!!!)。痛さの表現も最高でした。



シンプルなアイデアと躁鬱な感情表現で飽きなかった最少キャスト作品!!!82点!!!おもしろかった!









youngas sogawa
[PR]

by youngas | 2012-01-29 01:53 | やんがすちゃんのYMO
2012年 01月 11日

やんがすちゃんのYMO(Youngas Movie's Opinion) vol.10



やんがすちゃんのYMOとはYOUNGASが映画について勝手かつダラダラと語り散らかすコーナーです。
(大いにネタバレを含みます。鑑賞後に読まれることをおすすめいたします)

映画『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える 』を観ました。


f0182863_1294320.jpg



ハングオーバー!!(以下2)を観ました。
これを観てそっかーって思ったのですが、シリーズ化する作品をどう楽しむかって見る側の腕が試されるのかもしれませんね。基本フォーマットが変わらないのは寅さんも釣りバカも、なんならドラゴンボールだってアンパンマンだって同じです。ある種その作品の「基本ルール」的な行動範囲の中で観る人がどれだけの事を発見できて、面白がれるかが鍵な気がしました。間違い探しをする様な目線で隠されたウィットを嗅ぎつける。
3コードを駆使してメロい曲を無数に産み出したパンクも、世界規格としてルールと広さなどが決まっているサッカーすらも縛りがあるから面白いんだもんなぁ。これを考えると「ハングオーバー2」破格に楽しめました。
1同様に、飲んで騒いで記憶なくして災難がおこってハッピーエンド。場所と人を少し変えて、この発明を濃くなぞってるだけじゃん。とも言えるんだけど、なぞってるからこその「はいキター」「出たいつもの」的な喜びは、遊びこんだ親友との再会みたいでホッとしちゃいます。そんなホッとしちゃう相手と新しい町で遊んでるみたい。
この作品で特筆すべきは愛すべきバカってジャンルの典型アランくんが1よりもダメになってる点。もう最高です。ダメな奴はだいたい内弁慶で、親兄弟にだけ強い傾向にあるでしょ?なまじ自尊心が強い男に多い。アランもその一派。部屋の入口にはご立派に『DANGER』なんて書いててマッチョイズム120%モロ出し、食事が終わったらインターホンのようなもので母親を呼びつけ食器をさげさせるだけじゃなく『デザートがねーぞ』ぐらい言ってやがる。アランの内面に、この中学男子特有のツッパリ至上主義がいまだ住み着いてる表現で自分的にはもうK点越えしてる作品だし、ハットトリックは決まってます。親兄弟には家の中限定でオラオラ系気取るくせに、サルはめっちゃ可愛がるっていうwどんだけよ、アラン。

開始10分ぐらいでキャストがKanye Westのstrongerをバックに歩くシーンやチャウの性器にはボカしがかからないあたりも最高だし、ルーシー・リューやデヴォン青木がもつアジア系ハリウッド女優の最高到達地点を「エンジェルウォーズ」で超えた(と僕は思っている)ジェイミー・チャンがもうこれゲロマブ。


このパターンで5作10作は無理だろうけど、あと2本ぐらいは頑張ってほしい!!!78点!!!










youngas SOGAWA
[PR]

by youngas | 2012-01-11 01:39 | やんがすちゃんのYMO
2011年 11月 01日

やんがすちゃんのYMO(Youngas Movie's Opinion) vol.9

やんがすちゃんのYMOとはYOUNGASが映画について勝手かつダラダラと語り散らかすコーナーです。
(大いにネタバレを含みます。鑑賞後に読まれることをおすすめいたします)



映画『ブラックスワン』を観ました。


f0182863_18405663.jpgいろいろなところで絶賛されているだけあって、大変面白かったです。
ダーレン・アロノフスキー監督の前作『レスラー』も評判ですよね。まだ観れていませんので、ちかいうちにこちらも観てみようと思います。
もう書きつくされていますが、やはりナタリーポートマンの存在感がすごい。観終わった今でも、まずナタリーポートマンの味が最初にします。要は真面目で正統派、かつ親からの情熱を一方的に受けすぎたサラブレッド風バレエダンサーが、大きな重圧や諸々のプレッシャーからメンヘラとなるも最終的には克服し(たのかな??)自己最高到達点とも言える演技ができる物語。 と、自分は解釈しましたが、そこは各個人個人でとらえ方が違う気がします。なにかを表現したり、創作物を評価される立場の人間ならではの心の動き。それを自分と照らし合わせて見る人と、そういう人ってそうなんだーって人、どちらにも楽しめる気がします。
ナタリーポートマンの一般社会内にいればガリと呼ばれてしまいそうな体つきや顔つき、少なくとも素人には違和感がないレベルで誤魔化しきれている上半身のバレエ的な動き、官能的な表情。そのあたりの役作りはかなり凄い。全体に覆われている『不穏な空気』にマッチした不穏な体つきだと思います。この作品で最高に好きな部分が、この『不穏な空気感』です。なんとも言えない居心地の悪さと緊張感が終始曇り空で最高なんです。一見ファンシーな部屋や表情にも簡単に壊れそうなもろさがあったり、娘の幸せ第一主義みたいなママもかなり沸点が低い。ヒステリックに娘をコントロールしようとする感じがいまにも襲ってきそうなミザリーのようで、なんとも緊張しちゃうし。
演出家・舞台監督風のオジさんもなかなか面白い存在感でした。舞台や役作りを第一に考えているように振舞うものの、結局はダンサーを女性として見てしまっている男のアレな感じ。かと思えばナタリーポートマンと「踊りながらのペッティング」というなかなかのプレイを見せるも、最後までいかない「じらし」別名「ぬれせんべい」をみせたり。そのあたりも兎に角『不穏』。
それだけではなく意図的に作った『不穏』要素がかなり散りばめられてましたよね。カメラがパーンして見きれる直前に部屋に貼ってある似顔絵の目だけスス~と動いたり、鏡に映っている自分と現実の自分の動きに若干の違いがあったり。すれ違いざまに軽く笑われたり声をかけられたり。
なかでも鳥肌ものだったのが開始1時間後あたりに仲間でありライバルであるリリーとクラブに出かけるシーン。みんな大人だからわかると思うけど、クラブのチカチカする照明、いわゆるストロボの下で踊るシーン。なんでもあそこ1秒に20コマ近くいれてるらしいんです。なんか違和感あったんです、見てて。なんだろうと思ってコマ送りで見てみたらスゲー色々もりこまれてた!!!ギャーーーですよ、あれ。世に言うサブリミナル効果ですかね。

なぜか蝶が舞っていたり

f0182863_19301583.jpg


黒鳥ポートマンの目元アップだったり

f0182863_19303312.jpg



ほかにもニナの顔が3つあったり、スクリームみたいに顔がグニャーって伸びてたり、舞台上にいる鳥のお化けみたいなやつがいたり。いやーこの後のクラブを速足で出ていくシーン、タクシーでの手〇ンのシーン込み込みで今年ベスト級の場面でした。
いやー不穏。
だからですね、もう誰が味方で敵か。嘘かホントか。現実か錯覚か。もう端から端まで疑心暗鬼ですよね。だから夢オチっていっても成立しちゃうし、全てメンヘラ故の幻聴幻覚・被害妄想とも言える。そここそが最高でした。それで良いと思います。面白かった!!!

あとあれね、ニナのオナニー場面。女の子の自慰行為を詳しく知りませんが、ジワーっとくる気持ち良さみたいなのが伝わりました。男のそれはガッガッと鋭角なもんで、あんな丸さはないですよね。もうひとつリアルだなーと思ったのが左手でやってたとこ笑 いかにもホワイトらしい。

もう1つ。ネットで書かれてたって宇多丸さんが言ってたんだけど、万引き事件以降いまいちパッとしないウィノナが物をパクられる役というウィット!狙いか偶然か?最高です。


そんなこんなで最高なんですが、あえて言わせてもらっていいですか?
理解力が低いだけのグチなんだけども。。。

元花形トップダンサーのベス(ウィノナライダー)が降板され、落ちていく様をもう少し丁寧に説明するシーンが欲しかった!控室で花瓶を鏡に投げつけるベス。怒れ狂いニナに罵声を浴びせ去っていくも、何に怒っているのかがサッパリ分かりませんでした。てかオマエ誰?みたいな感じでした。その前に現役ダンサーが数人でベスの陰口をたたいているものの、その矛先がベスに向かっていると思わせるヒントが少なかった。そのあとニナが荒れた控室に入り口紅をパクるシーン。あれも後々わかる『あこがれの存在だったから記念に何か欲しかった』という動機がその段階では分からない、、、というか、かなり注意深く見ている人。さらにキャストの関係性をしっかり掴んでいる人(あの段階で掴むのは至難の業)じゃないと理解できない気がします。
あと、私も大人の女性なのよ!!と言いたげな夜遊び帰りのヒステリーママとのやり取り。あのシーン好きなだけに、もう少し重たく長く欲しくなかった?『もう12歳じゃないのよ!バタン』だけじゃーもの足りなかったなー。そこにもう少しヴォリュームがあれば、いままでバレエに打ち込んで来たが故に普通の女の子が知っている楽しみを知らないのよ!っていうフラストレーションの噴火がリアルだったと思うし、打ち込みすぎたから精神を蝕まれているんだというカウンターにもなると思うのです。さらに次の日、寝坊したのに走って向かう真面目さをより際立たせられたのにな~。
さらに言うとリリーにクンニされてる時、もっと気持ちいい演技が必要です、絶対。超声出したいけど、ブランケットで口を押さえる位。それがあるとタクシーでの手〇ンの良さがいかほどだったか分かりますし、大人の女なのよ!っていう裏付けにもなってニナに感情移入できる。足りない笑 あれじゃw


とはいえ噂通りに名画でした!88点!



youngas sogawa
[PR]

by youngas | 2011-11-01 20:13 | やんがすちゃんのYMO
2011年 10月 25日

やんがすちゃんのYMO(Youngas Movie's Opinion) vol.8

やんがすちゃんのYMOとはYOUNGASが映画について勝手かつダラダラと語り散らかすコーナーです。
(大いにネタバレを含みます。鑑賞後に読まれることをおすすめいたします)




映画『たまたま』を観ました

f0182863_0112787.jpg


蒼井優主演の最新作。もともとは蒼井優の映像を作るはずが、たまたま色々な事が重なり最終的に映画になったそうです。監督は映像クリエイターの小松真弓さん。CM界では有名な方だそうです。午後ティーのCMで蒼井優とは共演済みとの事。






ストーリーや細かいトリビアなんかは各自でググッてもらうとして、youngas sogawa的感想。『満足!1000円という料金設定はありがたいけど、パンフレットが欲しかったぞ!』です。寒い国ならではの情緒ある圧倒的にきれいな風景、蒼井優の存在、原作が無いため(原案→脚本)わざとらしく無理のあるストーリーは皆無、説明過多になる事無くサラサラと流れる時間。そうなんです、基本的に商業目的で作られているいわゆる『映画』とは根本から違うんですね。ショートムービーともミュージックビデオとも違うものなんですが、肌触りはそちら寄りです。なので『この脚本でこの尺?長いだろ!』とも取れますし『この情景を楽しむには、妥当な尺!』とも取れます。完全に観る側の好みの問題ですが、自分としては完全に後者、100%擁護派です。伝えたいメッセージはキチンと100%伝わりますし、ファンタジーとして全く退屈しませんでしたから。実はここの方が肝なんじゃねーかって気すらする音楽。さらに満足度を高めるために120%の効果を生んでいる音楽。アイスランドを代表するバンド、シガーロスが日本映画には初となる楽曲提供!!これ実はスゴイ事ですよね。この程度の規模の作品にシガーロスが使われているんですから。それに勝るとも劣らない高木正勝さんの音楽。まーーー良い。まーー良いです。効果的。無音すらも必要と思わせる映像の組み立てはバッチリ好みでした。映像・音楽・キャスト・料金・尺・メッセージ・ストーリー、すべて好みでした。きっと大切に想っている人を、もっと大切にしたくなる映画だと思いますので誰かを誘って観るのも良いかと思います。

不満に思う点が無かった訳じゃないんです。
上にも書いたように大人のファンタジーとしては超好みなんです。基本ファンタジーとか虫唾が走る自分でさえ、すんなりその世界に浸れるほど好みなんです。なんなら無声でも良いのかと思えるほど。その中で日本人キャストでコンテンポラリーなダンスを踊る役の方がいきなり日本語で話し始めるんです。あれいります??? アイルランドロケなら現地の子供、6歳ぐらいの子供でもあの役はできると思うし(天使とかそういう体で)、ご老人でもできると思うのです(魔法つかい的な体で)。もしあの方を使うにしても字幕で語ってほしかった。蒼井優の声は冒頭一発目から耳に入ってくるので、一種ナレーションの様な物ので気にならなかったんですが男性の声が聞こえた途端、自分はですけど「素」に戻りました。

あとはエンドロール。
もうシガーロスの曲が死ぬほどドンピシャなんですよ。キターーー的な。大団円としてもバッチリなんです。なのであそこはスタッフやキャスト、提供を紹介するのをこらえてほしかった!!!あれエンドロールというか、ラストシーンだと思うんです。それぐらいチャーミングで綺麗で意味あるシーンだった。。。ジャッキー映画みたく大ボスを倒してストーリーにケジメがついた上で「お疲れ様」的にNGシーンを流しながら提供バックで5分音楽が流れてるのとは違うと思う。
なのでシガーロスのあの曲が終わるまで文字は流さないでほしかった。そこもファンタジーの世界の中でそっとしていて欲しかった~。

そんなこんなの『たまたま』でしたが、要はグッときました79点!!!いや、82点!!!







youngas sogawa





小松真弓さんが手掛けたCM↓






主題歌 Sigur Rós - 'Inní mér syngur vitleysingur'


[PR]

by youngas | 2011-10-25 01:07 | やんがすちゃんのYMO
2011年 07月 10日

やんがすちゃんのYMO(Youngas Movie's Opinion) vol.7

やんがすちゃんのYMOとはYOUNGASが映画について勝手かつダラダラと語り散らかすコーナーです。(大いにネタバレを含みます。鑑賞後に読まれることをおすすめいたします)

以前は「やがちゃんのYMO」としてシノダさんのみが映画について語るカテゴリーだったんですが、このYMOって響きを復活させてもらいたくてマイナーチェンジしました。これからは二人が観た映画の感想はこのカテゴリーに入れますので、何かの参考にして下さい。








渋谷のシアターNで『メタルヘッド』を観ました。

シュチュエーションや所作だけである程度の合格点をあげてしまう映画があります。

子供がBMXを立ちこぎ。片田舎のガソリンスタンド・コンビニ・スーパーマーケットが舞台。主人公のタトゥーが好み。シリアルの入れ方が雑。ボロいバン。薄い布団を何枚も使って裸で寝る。学校の廊下にあるロッカーでのやりとり。メガネ萌えキャラがいる。 などなど。

そういう意味において『メタルヘッド』が合格点をゲットするのは観る前からわかっていました。

簡単に言うと映画評論家の先生方が高得点をつける作品ではないです。
ただ、映画評論家先生も認めざるをえない大きなポイントが2つ。『(500)日のサマー』で子犬のような潤んだ瞳とニットベスト&タイというスタイルで文系女子をジュンジュワーにしちゃったジョセフ・ゴードン=レヴィットの病的とも言えるカッコの良さ。ジョニーデップやブラッドピット、グンちゃんやマツジュンだって到底及ばない美しさに、同じ男としても無抵抗でベルトを緩めました。どうぞよろしくお願いします、と。

もう1点は『ブラックスワン』において気品溢れる白鳥を快演し、世界同時多発的にファンをパンデミックさせたというナタリー・ポートマン。今作では地味に助演しているのですが、ボロくて古くてやたらデカいメガネ姿にメロメロです。パッとしないスーパーのレジ係・ボロいベージュのバン・ツイてない日常という3連コンボ。無抵抗でベルトを緩めました。どうぞよろしくお願いします、と。

たぶん今作は『(500)日のサマー』と『ブラックスワン』に出てる人が出てる作品っていうエサが無かったら、日本には未上陸だったのではないでしょうか?そう思うと日本に入ってこない良作って世界中に散らばりまくっているんでしょうね。。。 うちのPCの壁紙にもなっているエレンペイジ主演の『SUPER』でさえギリっぽいですもんねー。(前売り買ってバッジGET済!!)

かっこよすぎるジョセフ・ゴードン=レヴィット演じるヘッシャーという男、映画史に残る程の悪童です。ストリートに現れた一人jackassと言っても過言じゃない暴れっぷり。鉛筆で描いたようなヒョロヒョロのタトゥー、警察官に向かってダイナマイトを放ち、車に落書き&放火&爆破、空家に侵入しプールをやりたい放題、少年の鼻っ柱をハサミでちょきん。。。なのにふとした時の目が愛に溢れていて、おばあちゃんには優しい(たまにレイプ云々と下品な言葉は放つものの)。

そして個人的に大好きなラストシーン。
あんなにジーンとくるラストはなかなか無いかも。ひねくれすぎたヘッシャーらしい、乱暴で雑で愛のある恩返しなのかな??

まったくオススメはしないけど、マジ観なよって言いたくなる作品!100点満点中22点!でも90点!!!スーパー8を観ろ!でも観るな!!!

f0182863_2101066.jpg


あ、メタリカやらモーターヘッドがかかるので(たぶん7~8曲)非メタラーにはキツい時間も。
でもヘドバンできて最高なんす!初期メタリカを聴きこんで、メロイック・サイン(デビルサイン)練習して行くべし!!!



youngas sogawa
[PR]

by youngas | 2011-07-10 02:10 | やんがすちゃんのYMO