youngas blog

youngas.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 24日

やがちゃんのXX KLUV(チョメチョメクラブ)

やがちゃんのXX KLUVとはYOUNGASの見てて恥ずかしいほう・ヤガが完全妄想で理想の逢い引きをしてみるコーナーです。

第1回<北乃きい>

その日のデートは表参道。もう秋も過ぎようかという時だってのに元気なきいはミニスカートで現れた。
寒くないってば!強がりを言ってはにかむ彼女の手を引くとすっかり冷たい。マフラーをそっとかけてやる。
「ありがと」その笑顔は世界を救えるんじゃないかという輝きようだ。
夕暮れ過ぎでライトアップされた街を歩いてみる。表参道ヒルズは今日もたくさんのオシャレ達によって賑わいを見せていた。
ちょっと苦手だなと目を伏せると「こっちこっち!」空気を察してくれたのか、きいは俺の手を引いて横断歩道を走っていく。「ま、待てよ!」まったくこの元気はどっから沸いてくるんだか。呆れ顔の俺を連れて裏の通りに入っていく。少し進むとかわいいビルが目に入った。
「ここ!来たかったんだ!」
クレヨンハウス。世界中の絵本が置いてあるそうだ。きいのテンションに振り回されながらも、一つ一つ嬉しそうに説明をしていく彼女のキラキラした瞳に俺はすっかり参ってしまったのだが、結局5冊も買わされてしまった。

そして愛車のポルシェでやってきた代官山のレストラン。
美味しそうに口いっぱいに頬張る姿を優しい眼差しで見る俺は端から見たらさながら父親代行ってところか(舌をペロッと出しながら)

帰り道、きいを送ろうと246を走っていると彼女がつぶやいた。
「絵本読んでくれなきゃ寝れない!お家行ってもいいよね?」
まったく。そうつぶやいて俺は自宅に向かう道へルート変更するのだった。


※この日記に関するお問い合わせ、質問、意見などは一切受け付けておりません。
また、この日記を読んで具合が悪くなった、寝つけないなどの苦情もお断りいたします。

f0182863_1953610.jpg

[PR]

by youngas | 2008-11-24 17:07 | やがちゃんのXX KLUV


<< やがちゃんのXX KLUV(チ...      右薬指vs右中指 >>