youngas blog

youngas.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 04日

俺アワード2016〜SHINODA前編〜

この一年のベスト作品を各部門別に勝手に発表する毎年恒例俺アワード!!!

まさかの今回で8年目!末広がり!縁起いい!
いつまでやるんだ!やかましわ!もういいよ!まだやるわ!やめちまえ!うるせっ!アホか!アホちゃうわ!(幻聴と格闘)


ちなみに2016年にシノダが見聞き読みしたものなので発表やリリースが2016年じゃないものもアヌス!アナル!スカルファック!


〈映画部門〉

2016は邦画!そう言い切ってしまいたい!それぐらいどれもこれも良かった!まぁ、たまにハズレはあったんだけど、大ハズレは無かったぞ2016邦画。それも珍しい。大概は痰吐きかけた上から脱糞したいぐらいの駄作が一本くらいは混ざってるんだけど、今年は無かったなー。単純に『僕は明日、昨日の君にクンニする』とか『僕のペニスがこんなにムケてるわけがない』とかそんな感じのやつを避けていただけじゃん?という指摘には無視を決め込む所存ではありますが。(タイトルはイメージです)

というワケで今年もたっぷり濃厚なのぶっかけてやるぜ!精神に基づき、ベスト10圏外の次点も大量に発表(射精)!去年よりさらに大ボリューム、俺アワシノダ篇。紅白とガキの使い見終わって暇なだけのコタツで猫とうたた寝で、鼻クソほじって日が暮れて、ブクブク肥えたよ三が日、そんなあなたは是非どうぞ!!!



10位『クリーピー 偽りの隣人』


"「マックス!まだまだ行くぞぉ〜〜!」は俺内流行語大賞2016に決定!香川照之の狂人演技全開でジワジワとクリーピーに病んでく超楽しい隣人地獄にようこそ!"
f0182863_1292214.jpg

うれしい!たのしい!だいすき!実際隣に住んでたらそりゃーもう超最悪なんだけど、もう最高ですよね、西野!黒沢清映画に沢山登場するキチガイキャラクターのベスト3位内には確実に入るよね、西野!登場の不気味さとかたまんなかった!あれぐらいサイコパスに振り切って演じてくれたら人は不快をすっ飛ばして見てて清々しい気分になるんだなーって目からウロコダダ漏れ。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」って全身ゾクゾクが走りまくるキラーフレーズとか西島竹内夫婦の不味そうな晩餐シーンとか監禁部屋の唐突なディテール含め何もかも最高で観てる間ずっとニヤニヤしっ放しでした。(香川aka西野そっくりな顔つきで)
まあ、ハマれなかったとかいう意見にも首もげるほど頷けますし、そもそも何を見せられてんだ感は否めないけど黒沢清って投げっ放しそのものが作風だからもういいんです(笑)あー面白かった!!!!!!!!





9位『ズートピア』


"差別というネガティヴなテーマを笑わせて笑わせて考えさせる、もはやディズニー名人芸の域へ!「ザ・シンプソンズ」監督リッチ・ムーアの持つブラック要素もふんだんに盛り盛りで一秒も飽きない動物ものアニメの特大傑作"
f0182863_122778.jpg

正直もうコレ入れるのとか野暮なんですよ。粋じゃない。だってどう考えても今年ベスト級だし、コレ入れるんなら他のマニアックな映画入れて玄人目線で悦に入って語ることだってできるんですよ。去年のマッドマックスと同じで、だけど、それでも、どうしても、絶対にハズせなかった。発売日にBlu-ray買いに行きましたよ。あいつらにまた会いたくて。そもそも「良くできてた」とかそんなの当たり前なんですよ。ディズニーって時点で当然良くできてるわけで、キャラやストーリーも見る前からハードルも上げ上げで挑んでも「超面白い」って思わせるってことの凄さ。ブラッシュアップって言葉があって、和訳すると精度を上げるってことな訳ですが、それを世界一のクリエイター達が寄ってたかって何年もかけてやるんだから、我々がイメージするブラッシュアップって言葉の5億倍はやってるってことなんだと思います。感性が違う人でも『ズートピア』見てつまんなかったとは絶対言わないでしょうね。(好みじゃなかった人はいたとしても。実際俺の周りの女子の不評っぷり(笑)やかましわ!)
それぐらいの完成度。ただ本当に頑張って頑張って血眼でツッコむとこ探すなら、あのキツネのニックがもうちょい悪い奴でも良かったかなーと。悪いことして生きてきたわりには途中からずーっといい奴なんですよね。あのジュデイと喧嘩して迎えに行った時とか……いや!もうそんなん野暮!たぶん俺みたいな意見した人もいてそれもブラッシュアップされたってこと!あれが正解なんだ!そう思ってまた見よう!(12回目)





8位『葛城事件』


"嬉々として狂気の親父を演じた三浦友和に日本映画界が震えた、これが「今日から出来る!家庭内殺人鬼の作り方」"
f0182863_1324840.jpg

映画映えのする三浦友和力(りょく)ってのがきっとあって近年の日本映画界の中心にいる監督達(北野武、山下敦弘、三木聡など)はそれをわかってるから、ど真ん中に割とどーんって持ってくるんだけど、今作はその究極版。三浦友和ショーですよ、はっきり言って。(『日本で一番悪い奴ら』は綾野剛ショーだった!)
百恵ちゃんと結婚したあたりの三浦友和ってイケメンではもちろんあったけど、演技派ってイメージはなかったと思うんですね。だけど、ここ数年の三浦友和ってキャストにいるってだけで「お!」ってなる存在になったし、何やらせてもハマって面白いよなー。だから「出てるなら見たい」と思う数少ない俳優さんの一人です。その彼が今回挑んだのは美しい妻と二人の息子、念願のマイホームを手に入れた理想の家族の大黒柱...と思い込んでるだけの悲しい男、葛城清。家庭崩壊のドラマってあるけどここまで最悪なのも今までなかったんじゃないすかねー(笑)もうほんと最悪。でもだからこそ最高。無差別殺人を起こして(あの駅での通り魔シーン最高でしょマジで!)死刑囚になっちゃった次男の稔と獄中結婚した田中麗奈演じる順子とのスナックのシーンとかいいよねー(つかあの女、2016映画キャラお前一体何がしたいねん大賞受賞でしょう)胸糞悪さでは今年見た中でダントツなんだけど「映画観てやった!」って感じがすごかった!これ観た池袋ロサがまたヤバイ空気でこの映画にピッタリだったなー

↓池袋シネマ・ロサ。since1968。どうかなくならないで欲しい。
f0182863_1584384.jpg







7位『シン・ゴジラ』


"2016映画の象徴になってしまった日本の業を背負ったまさに怪獣みたいな傑作。空前の大ヒットはゴジラ出現と同じぐらいの体験をした我々日本人へのストレート過ぎる鼓舞だったからなのか!"
f0182863_233389.jpg

これもハードル上がりきった状態で見たのに「超面白い」で帰れた稀有な傑作でありながら、手放しで楽しかった!って言うよりも、日本人として色々考えさせられた、つまりは色んな人達と語りなくなる映画でした。映画にとってそれ以上の賛辞はないでしょう。俺は映画におけるいい作品の基準ってどっちかだと常々思っていて語りたくなるか、絶句するかだと思うんですね。前者は言わずもがなその作品が人を喋らす力を帯びてるからな訳で、後者も然り黙らせる力がある訳だと思うんです。どっちが凄いってこともないと思うけど、どっちかって言えば誰かと語り合いたいってなる映画の方が当然ヒット作になり得る可能性が高い訳ですよ。「見て!」ってなるから。
何か『シン・ゴジラ』は見た国民のほぼみんなが「見て!」って言いまくった久しぶりの邦画という感じがしました。だから絶望の権化でもあるゴジラという存在が、いつしか日本が一つになるための希望の象徴になっていくという、あの暑苦しいまでに真っ直ぐなラストに涙するし震えるんだと思います。オールスターキャストとか、やり過ぎな石原さとみとか、エヴァの庵野さんとか、軽く挙げてもその取り巻くファクターが多すぎてブレがちだけど、日本人が何十年も温めてきたゴジラというキャラクターがこの2016という年に更新されたことの素晴らしさに喜ぶってことだけでまずは充分だと思います。その上でこの先語るべき話は幾らでもある訳だから。邦画史にも明らかに残る何十年も耐えうる一本。言いすぎじゃなく。







6位『何者』


"卑屈な自分を映す鏡を見せられているようで目を背けたくなるシーンの連続。なのに背中を押されるようなラストにいつのまにか涙している。これは何者でもない僕たちの映画"
f0182863_2234395.jpg

三浦大輔映画だって気がつかないぐらいの宣伝のされ方だし何よりも「桐島」の朝井リョウのこの原作には少しだけトゥーマッチな気がしてたのですが、いやいや。見終わってからのザッツ三浦大輔映画だった感!最初の就活で苦悩する若者たちの青春群像劇から一転、後半モノスンゴく意地悪モードに突入するんだけど「お前はお前だ。行くしかねーだろ」って優しく背中を押すようなあのラスト。三浦映画が新たなバースに入った瞬間を見たような気がして鳥肌立ちました。SNSの便利さの裏返しにある誰にでもあり得る恐怖を三浦大輔の主戦場でもある舞台を使った演出で見事に見せるあのシーンの凄まじさ。あそこを大画面大音量で「自分が何者なのか?」絶賛悩み中の何万もの若者達が映画館で見たことをイメージしただけで震えが止まりません!だってどんな残虐なホラー映画よりも怖いシーンだから。見終わったある人は「日本映画史に残る不快なシーン」と怒りを露わに切り捨てたと聞きましたがそれって「思い当たる節があります!」って高らかに宣言してるのと同じなんであんまり大声で言わない方が良いと思います(笑)




5位『ドント・ブリーズ』


"元日に二人揃って観に行った、これぞヤンガス案件!(笑)めくらジジイvsヤング強盗団、勝つのはどっちだ!!?"

f0182863_2423340.jpg

映画終わって明るくなった瞬間に「プハー!!」って大きく息吐いたオヤジがいて「ちょ!おま!マジで息止めてたんか!」って思ったらオモロすぎました(笑)
話は至ってシンプルで90分以内だしスゲー見やすかったけど3時間映画見たクラスの疲労感(笑)プハーオヤジみたく前のめりの緊張感がずーーーっと続くのでまー疲れんだけどまー楽しいのなんの!
ロッキー役のジェーン・レヴィもいいけど何せジジイ、ステファン・ラングが最ッ高!!(役名すら無し(笑)「盲人/The Blind Man」だって!)いくら元軍人っつったって強すぎんだろ、あのジジイ(笑)
マイゴッドの一人サム・ライミ叔父貴の秘蔵っ子、フェデ・アルバレス監督、リメイク『死霊のはらわた』に続いてたいへんよくできました!ラストのタマフルでも話してた隣の女性客が「ニガッ」ってつぶやいちゃった【タイエキ軍人】シーン含め盛りだくさんで大満腹!ごっつあんでした!
200%ブルーレイ買うてまうやん!







4位『ディストラクション・ベイビーズ』


"剥き出しの暴力が目の前に現れた時、怯えるもの、加担するもの、挑むもの、巻き込まれるもの…そのそれぞれの生きざまにグッと息を呑む108分。静かなる暴力映画の誕生"
f0182863_31414100.jpg

とにかく何しろ柳楽優弥演じる泰良がエグい。あんな奴、『クリーピー』の西野以上に近くにいたら最悪だけど、映画という神視点からなら幾らでも見ていたい。無敵という訳では決してなくボコボコにされてるのに血だらけで殴り返してくるあの感じ。本当に怖い。ライブハウスのシーンとか鳥肌級の怖さ。暴力映画って痛いとか怖いとか如何に観客に体感させるかが重要で、その点近年の邦画の中でも群を抜いて痛いし怖いです。そして菅田将暉演じる北原のクズっぷりと巻き込まれ女子でありながら北原に負けないほどクズの那奈役、小松菜奈のキャラクターもいいすよね〜。『溺れるナイフ』でその後愛し合うことになる二人がこんなに憎しみ合ってるってのも面白いけど日本映画界は暫くはこの二人を頼っていくことになるんだろうなという納得の演技かましてます。あと弟将太もいいんだよなあ。兄ちゃんとの関係性が。
向井秀徳の荒い音楽と四国の港町と祭りの合いっぷりもエゲツナイし、しばらく消えないだろう腕に残った傷痕みたいな映画。




3位『この世界の片隅に』


"「あの日」に向かうヒロシマが舞台の話なのに何でこんなに笑えてホッコリするんだろう?世界のアニメ映画史に残るヒロインの誕生とのんの復活を祝うにはあまりにも最高のファンファーレ"
f0182863_3943.jpg

映画って何時間か、もしくは何日間か、はたまた何年か経ってから「あーあれは傑作と呼べたかもしれない」ってなるものじゃないですか?少なくとも観終えるまでは当然ジャッジは出来ない訳ですよ、それが良かったかどうかすら。でもこの映画に関しては始まって数分で「うわー超いい」、中盤でもう「傑作確定」、後半で「あーコレ歴史に残るわ」、エンドロールで「絶対DVD買おう!」になってるという(笑)大袈裟じゃなくそういう映画です、以上。でもいいぐらいの(笑)

僕ら世代ってあからさまに戦争反対世代というか、国家が傷つけられようとももうあの過ちを犯してはいけないとずーっと耳打ちされながら育ったような世代で。
それはもちろんあの戦争を直に体感したおじいちゃんとかおばあちゃんがまだ生きてたからで、直接その体験を俺も小さい頃聞いたことがありました。
うちの祖母は両国界隈に住んでたことがあって東京大空襲のあの日、熱くて熱くてまだ赤ん坊の叔父さんをおぶって隅田川目指して走ったらしいんだけど、もうそこには熱さで逃げて飛び込んだ人の死体が川から溢れるぐらいあったって。子供心にトラウマになったし、隅田川花火大会を見るたびに複雑な思いをするという(笑)
『はだしのゲン』と原爆写真展に何回か学校の授業で行かされて、全身ケロイドで歩くあの姿を目に焼き付けるということは今考えても絶対大事だったし、トラウマ=戦争反対を植え付けるっていうやり方はストレートで間違ってないとは思うのですが、こういう日常を慎ましくも逞しく、しかも笑いを忘れずに生きた人達の姿を淡々と追ったことでそれが強烈に反戦メッセージになってるっていうのがヤラレタ!ってみんなが口を揃えて思うところだと思うのです。もちろん戦争は絶対起こしてはならないし、記憶も風化させてはいけないから悲惨でドギツイ体験こそを耳にして目にすることが大切だし、この家族よりも辛い思いをした人達もたくさんいるはずです。(すずさん一家も本人含め壮絶な体験をしているしその場面もたくさん出てくるけど)
それに作者のこうの史代さんも戦争体験者ではないし、フィクションの側面が多いことは否めません。だけど、それでも、観た人達に強烈に平和を願わせるこの映画のスゴさをまだ観てない人達に伝えていくことはとても大事だと思うのです。YOUNGASが揃って、まだ観てない人達が殆どの飲み会で唾を撒き散らしながら力説し合った久しぶりの映画でもあります。二人とも原作漫画も全巻買い揃えた程の熱量です(笑)
人が生きるってどういうことなのか?生きていくって何なのか?そのヒントがこの映画にはたくさんあると思います。
この映画がどうかこの世界の片隅にまで伝わりますように。
そう願って止みません。




2位『ヒメアノ〜ル』


"殺人鬼森田剛覚醒!不穏な空気が画面を覆い尽くした瞬間、浮かび上がるタイトルバックに全身悪寒必至!古谷実がネチネチと描いてきたダメ人間達の死のダンスを笑え!"
f0182863_3215068.png

いやー『この世界の片隅に』をわりとまともに真っ直ぐ褒めちぎった後にこの救いのない闇映画を語るのはちょっと気が引けます。というか『この世界〜』より上位にするんかい!と家のポストにマヨネーズ入れられても仕方ないぐらいの暴挙とは知りつつのこの映画が二位。わかってます。そんなことは(笑)
でもね。切り株映画万歳!と日頃からスプラッター系ホラー映画を愛でながら、MAD VIDEO復活やったー!って『ジャンク』とか『ギニーピッグ』とか『デスファイル』とかニヤニヤしながら見てビデマこと新宿ビデオマーケットに週一で通ってるYOUNGASのキチガイ担当(いや、あいつも相当キチガイだけど)としては、この猛烈な死臭が堪んないわけです!吉田恵輔監督ってコメディのイメージだけど、人と人との生理的に嫌〜なやり取りとか空気を切り取る天才ってことは傑作『さんかく』とか『ばしゃ馬さんとビッグマウス』で証明していたから、古谷実の原作が持つヤダ味を嫌ってほど見せられるんだろうなーという覚悟はしていたけど、ここまでとは!メンタルが安定してない人は本当に観ない方がいいってぐらい猛毒。
恐らく森田剛目当てで来たであろう親娘とか絶句して帰る姿を劇場で目撃して、そりゃー「剛く〜ん!」ってモードで来てコレ見せられたらたまったもんじゃないよなと心ん中でめっちゃサムズアップしてました(笑)でも!お母さん!お嬢さん!森田剛半端ないよ!森田剛がこんなに凄い役者だったってことに気づく、俺にとっては森田剛=スゲー役者って完全にしてくれた記念碑的作品となりました。少なくとも現役のジャニーズであそこまで過激な文字通り「人殺し」のシーンを本当に躊躇一切なくやった人はいないんじゃないすか?(『十三人の刺客』の吾郎ちゃんもヤバかったけど、実際の殺人シーンで言えば森田剛のが全然上)
YOUNGAS的には『SR サイタマノラッパー』の1&2の両主役駒木根くんと山田真歩が夫婦で登場にまず大加点!その後の二人の辿る結末にも二億点てことで。

さて次がいよいよ一位。お母さん、麦茶持ってきて〜!




1位『シング・ストリート 未来へのうた』


"全80s音楽とファッション好き、頭のてっぺんから稲妻ブッ刺さり状態!!オリジナル曲全部超絶最高の音楽映画の超超超超ド級大名作!『B◯CK』とか音楽映画とかほざいてる奴全員コレ観て即土下座しろ!!!!!!!!"
f0182863_3482420.jpg

ジョン・カーニーの過去二作もスンゲーいいけどこれまたスンゲーいいを更新しちゃったよね?本当凄まじくいいの!!元々80年代の音楽(デュラン・デュランとかA-haとかホール&オーツとか)とファッションとか好きな人たちは身悶えしちゃうシーンの連続だし、その辺よくわからなくても青春音楽映画として完璧だと思います。ラストあんな大袈裟な終わり方でもグッときちゃうし、久しぶりに映画館で声出して泣いちゃった2016唯一の映画でした。マジでホント良かった。オリジナル曲ができたからMV撮ろうぜっていうのがいかにも80年代でいいよねー。監督やるあの男の子の面(ツラ)もいいんだよなあ。
そして主人公コナーの兄貴ブレンダンね!マジでいいんだ。ラストのシーンだけで思い出し泣き100回できるレベル(笑)弟に自分の未来を託すあの時の兄貴の顔でおじさんもう号泣メーン!嗚咽が止まりませんでした。じゃあ湿っぽい映画なのかっていうとそんなことは全然ないです。
まあ、文化祭で彼女のために歌うとかそういう映画が好きな俺にとってはそのシーンだけでも「永久に観てたい」と思ったし、どこを切り取っても文句なく完全なる俺映画でした。一位当然。



というわけで、2016年の結果は以下の通り。

1位:『シング・ストリート 未来へのうた』
2位:『ヒメアノ〜ル』
3位:『この世界の片隅に』

4位:『ディストラクション・ベイビーズ』
5位:『ドント・ブリーズ』
6位:『何者』
7位:『シン・ゴジラ』
8位:『葛城事件』
9位:『ズートピア』
10位:『クリーピー 偽りの隣人』

(後編へ続く)
[PR]

by youngas | 2017-01-04 05:06 | 俺アワード


<< 俺アワード2016〜SHINO...      俺アワード2016 ~SGW編... >>